kazushigemurakami.cocolog-nifty.com > 砂川・旭川視察

 2月4、5日、日本共産党議員団が、旭川駅の高架事業と砂川市の火力発電所を視察してきました。
 旭川市の駅高架事業はその規模に本当にびっくりしてしまいました。確かに駅の機能は飛躍的に高まったようです。観光情報センターや小さな美術館のような施設もありました。しかし、まだ活用されていないスペースもあるようです。釧路市は防災の観点で、駅周辺整備に取り組もうとしていますが、身の丈を超えるものになるのでないかと心配しています。
 砂川市の北電火力発電は、空知地方の石炭を活用するため建設した発電所です。現在も貴重な国内炭の活用施設となっています。釧路コールマインの長期存続のために、私たちは二酸化炭素の排出を抑えた新型の火力発電所の誘致を提案しています。参考となるお話が聞けました。