市政と市議会

2019年5月 9日 (木)

昭和中央土地区画整理組合の新たな催告の問題について、組合の事務局長と交渉してきました

 釧路市昭和中央土地区画整理組合から新たな催告書(納入指定期日5月10日)が届いてきているという相談を受け、当事者とともに5月8日、組合事務所で事務局長と交渉してきました。その内容についてお知らせします。

St2c0001  最初は普通郵便で、その後「特定記録郵便」で送付されたものです。今回、新たな催告書を送付したのは40件ほどです。組合の理事長職務代行者が、以前の佐藤正義氏ではなく、畠中進氏に代わっています。佐藤氏は昨年12月に死去し、今年1月に畠中氏が理事長職務代行者となったそうです。現在、組合の理事は畠中氏1名しかいないということです。

 まず、どういった対象の方に催告書を送ったのか。

 私が同行した方の例ですが、賦課金が賦課されたのは平成21年のこと。通常は最初の納期までに支払いがないと、督促状が発せられることになっていますが、この方の場合、土地の売り主と買い主との間で、どちらが賦課金を支払うか確定していなかったため、その時点では「督促状」を発送せず、賦課金の最初の納期限を5年過ぎると時効になって支払い義務が消滅することから、督促状を26年7月24日(納付期限8月29日)に出したとのことでした。
 督促状は最初の一回に限って送付できるもので、この督促状をもっていったん時効は中断、この納付期限が過ぎたら、また時効のための期間、5年間が始まると組合側は主張しました。

  念のために書いておきますが、時効を止められるのは最初の納付期限が過ぎたのちに発せられる「督促状」の一回だけで、それ以降支払いを促す文書が来ても、それは時効を止める効力はありません。通常、2回目以降の納付を求める文書は催告書と呼ばれることが多いようです。

 この方の場合、督促状で26年にいったん時効が中止となり、今年の7月末をもって新たに時効が完成するので、5月10日という期限を切って、納付を求めてきたとのことです。今回「催告書」を送付したケースは、当初、賦課金を支払う方が確定しておらず、26年7月24日付の督促状を送った方のようです。

 この組合の主張に対して、私は地方税法においても督促状の送付時期は法的に定められたもの(納付期限から20日以内に送付すると定めあり、ただし、それ以降の送付であっても効力は有するとされているようです)であり、組合の今回の対応のように、時効ぎりぎりに督促状を発すれば、それこそ実質的には時効は10年間ということになってしまい、こうした恣意的な運用は容認できないと反論しました。

 組合の今後の考え方についても聞きました。

 組合は今度の納付期限までに納付がなければ滞納処分(差し押さえ)を行う考えです。滞納処分は釧路市および北海道への申請が必要で、一定の期間がかかります。この間の例から考えると、2か月ぐらいかかるのではないでしょうか。これまでの差し押さえは土地を差し押さえていましたが、今回は何を差し押さえるかはまだ決めておらず、銀行預金など、すぐに現金化できる債券を差し押さえる可能性が大きいように思います。今後も同様に、別の賦課金の未納者にも対応していく考えであること、現時点では組合員は952名おり、そのうち約75%の人が賦課金を支払っているとのこと。未払い(一部支払ったのちに未納となったケースも含めて)の人は250人弱、このうち70数人が裁判の原告になっています。

 交渉の中でも、組合がきちんと組合員に対してきちんと組合のこと、賦課金のことを説明していなかったこと、本人は売り主に支払いを求めるよう組合に言ったが、組合が売り主にその旨を連絡すると、買い主に支払ってもらいたいと言っているとのことで、その後は売り主との交渉は一切行わず、まったく連絡もなかったことに対して、強く抗議しました。

 組合は文書で「今後は売り主と買い主で支払い人を決めるよう求める」文書を郵送したと主張しましたが、ご本人は見たことがないと、事実認識の点でも大きな齟齬が生まれています。

 なんにしても何の行動も起こさないと差し押さえに向かう可能性があります。

 まず、ご自分にいつ督促状が届いたのか確認ください。その納付期限から5年がすでに経過していれば時効が成立していますので、組合に時効が成立していると求めてください。仮に私が同行した人のようなケースの場合は、組合に抗議することは当然ですが、時効が成立していないと相手側が主張しているわけですから、放置せずに組合と徹底して交渉する、弁護士に依頼するなどの手立てを講じるべきと考えます。

 ご相談があればお気軽にご連絡ください。なお、この問題は調査を進めつつ、6月議会で取り上げたいと思っています。

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

昭和中央土地区画整理組合のことで情報がありましたらお寄せください

 先日の私の書き込みに、「昭和土地区画整理組合の賦課金問題の話題は無しですか?
全く情報がないままです。」という書き込みがありました。私のところにもほとんど新しい情報はありません。先日、賦課金の会の会長ともお話ししましたが、最高裁の審理の状況もわからないようです。(もともと、最高裁の審理は、判決が出て、突然、弁護士に通知が来るもののようです)皆さんのなかで、情報をお持ちの方はお知らせください。みんなで共有しましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

道主催のIR説明会に参加しました

Dsc_0083 北海道主催のIRに関する地域説明会が釧路で行われました。北海道が設置した有識者懇談会の報告書「IRに関する基本的な考え方(たたき台)」について、道の観光局の森参事が説明するもので、全道で7か所開くそうで、釧路は前日の札幌に次ぐ2か所目のようです。

 たたき台については、このあとよく検討したいと思っていますが、会場が「交流プラザさいわい」の大ホール・・・私はてっきり一階の一番大きな多目的ホールでやると思っていたのですが・・・というのに面喰いました。主催者や報道関係者を除くと参加者は20名くらい。以前にやった道のIRセミナーは、はるかに大きいまなぼっとの多目的ホールですから、ものすごく参加者が1、2年で減ったことになります。事実上、釧路市は第一次のIR誘致を断念したので、推進側も含めて関心が相当低下しているということなのでしょうか。

 説明のあとに質問・意見の時間があり、新婦人の会の方が、「女性協もカジノに反対しています。刑法で今回のカジノが取り締まられないのはなぜか。国民の6割がカジノに反対しているのに。」と述べていました。

 続いて私が、「IRはインバウンドの外国人観光客を対象としたものと言う宣伝だが、本当は日本人を狙っているのではないか。日本人と外国人の入場割合の推計は?」「ギャンブル依存症対策には自助グループが最も有効。しかし、この自助グループがあまりにも少ない。増やす手立ては?」と質問しました。

 道は、「あくまでもIR全体についての機械的推計で日本人の入場料やマイカードの提示義務を勘案していないが」と言って、「苫小牧の場合、道民20%、道外の日本人52%、外国人27.5%」と言う数字を挙げました。つまり、どんなに言いつくろっても、日本人の懐をアメリカなどのカジノ資本が狙っているというのが本質です。

  「自助グループは重症のギャンブル依存症患者には有効」というものの、自助グループの支援は道の別なセクションの担当なので詳しくはそちらが。国もはじめてギャンブル依存症対策を予算付けしたので、道でもなにかできるか検討することになるとの答弁でした。ギャンブル依存症対策をしっかりやれば依存症は増えないと言いつつ、その中身は何も決まっていないみたいなことなのでしょうか。

 参加者の感想文用紙には、「道としてIRの誘致はやめてほしい」と書いて提出してきました。

 久しぶりのブログの投稿になりますが、この間、ホームページにはほぼ毎週出している私の村上かずしげ通信や釧路民報が載っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

鳥取の宇倍神社と伊福部昭

 姉妹都市交流の最後の視察は、「因幡の国一の宮 宇倍神社」を訪問させていただき、宮司の金田さんからお話をお聞きしました。宇倍神社に祭られている武内宿禰は数代の天皇に仕え、はじめて大臣の称号を贈られた人物です。350歳で没したということですから、神話の要素も多いのかと思いますが、死後にお金の神様としてまつられ、明治政府が発行した1円札、5円札などに神社と武内大臣が描かれています。Img_20180803_172259_2

 さてこの神社、大変歴史のある神社で「伊福部家」の方が長く神主を務めてきました。伊福部家というのは、古代から続く豪族で、家系図は奈良時代までさかのぼることができるそうです。この伊福部氏、明治になると神主をやめて神奈川県へ。さらに北海道へ「屯田兵」として入植します。この伊福部氏の三男が釧路生まれの伊福部昭氏です。あの「ゴジラ」のテーマ曲を作曲した音楽家です。伊福部昭氏は東京で音楽活動に従事するのですが、生涯、本籍地は鳥取市に置き続けていたこと。昭氏のお墓も宇倍神社のすぐ近くにあるそうです。

 鳥取市と釧路市の姉妹都市の縁は、鳥取士族の入植に始まるわけですが、今回の視察の中でも鳥取士族の釧路への出航した記念碑を見せていただきました。あわせて、伊福部昭氏にをはさんで鳥取市釧路市の間にも、そんなお話があったことは正直知りませんでした。伊福部昭氏の長女・玲子さんは陶芸家です。宇倍神社にその焼き物が展示されていましたので写真をパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姉妹都市交流二日目 紙すき体験と鳥取砂丘

Img_20180803_173821_2 8月1日。姉妹交流の二日目でした。鳥取の気温はこの日も35度も大きく超えました。聞くところによると、釧根地方も釧路市を除くとほとんどが30度台とのこと。北海道も熱波に襲われたようです。

 午前中は鳥取市街地からは30数キロ離れているのでしょうか、鳥取市(旧)青谷町の「あおや和紙工房」を見学、紙すきの体験をさせていただきました。音別でも「ふき紙つくり」を熱心に取り組んでいます。学習体験施設「こころみ」などで紙すきの体験などもしていますが、今回の「あおや和紙工房」は非常に参考にできる施設と感じました。鳥取市と合併する前に(旧)青谷町が施設を整備して、合併後の今日に引き継がれています。「こころみ」の体験もいいのですが、正直、音別の町からも相当離れています。せめて、音別の街中にこうした施設があればとも思いました。

 さて、午後は鳥取砂丘の視察です。まず「砂の美術館」。Img_20180803_172415_2
鳥取砂丘の砂をつかって「砂の像」をつくり展示しています。原料は砂と水のみ、だから長持ちはしません。それで毎年、展示する砂の像をつくり変えています。今回のテーマは「砂で世界旅行・北欧編」。ムンクの「叫び」、ダイナマイトをつくったノーベル、北欧の民話などをテーマに多くの砂像に目を奪われました。現在では、こうしたミュージアムは世界でただ一つ。本当に素晴らしいの一言です。

 そのあと、酷暑の中でしたが少しだけ鳥取砂丘を見せていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取市姉妹都市交流、一日目。表敬訪問と「わらべ館」

Img_20180802_232402 7月31日から8月2日までの予定で鳥取市の姉妹都市交流にImg_20180803_174400


参加しました。7月31日は、議長・副議長と市長への表敬訪問から始まりました。

 この日、鳥取市は38度を超え、この日の全国で一番高い気温を記録したとのこと、さすがにすごい暑さです。梨農家という副議長さんのお宅でできた早生の梨をいただきながら、和やかに懇談できました。

 市庁舎の前には、ウサギ(因幡の白兎でしょうか?)をモチーフにしたピンクの郵便ポスト。とてもユーモラスで、郵便ポストは赤以外も可能なんだと、なんだか納得したような・・・・。

Img_20180801_164803


 このあとは、「わらべ館」視察。ここは一階が童謡や唱歌のミュージアム(鳥取県が設置)、二階・三階は、おもちゃの博物館(鳥取市が設置)の複合施設です。外観の一部は旧鳥取図書館を模して建造したとのこと。ずいぶん懐かしい学校風景や駄菓子屋の展示もあって、有意義な視察でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

海兵隊移転訓練の武器、車両などが釧路西港に陸揚げ

Photo 矢臼別演習場で行われる沖縄の海兵隊の移
転訓練。今年は8月初旬に行われますが、訓練で使う武器、車両などの資材が釧路西港にPhoto_2陸揚げされました。25日には、釧路空港に海兵隊員が150人降り立ったのに続いて、今回は西港です。これまで武器の搬入は根室の花咲港を使っていましたが、今後は釧路西港にシフトすることを考えているのではないでしょうか。

 私も10時30分から一時間余り、監視・抗議行動に参加してきました。聞くところによると、入港予定は朝8時ということでしたが、そうとう早く入港したようです。私が行った時には、りゅう弾砲などの移送は終わっていて、運輸会社の車に乗せた資材やトラックの移動の途中でした。入港したのは第一ふ頭ですが、ふ頭周辺は立ち入り禁止。ものものしい感じがしました。先導者に誘導され車両が4、5台ずつ、一塊になって移動していきます。車両は全体で50台ほどでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

子どもの貧困について、浅井先生の講演会を開きました

Photo 今日、共産党市議団の主催で浅井春夫氏Photo_2
(立教大学名誉教授)の「子どもの貧困問題を考える学習講演会」を開催しました。浅井先生は、子どもの貧困問題のパイオニアです。

 浅井先生のお話で気になった点を「つれづれに」書きます。

●子どもの貧困の深刻さに本当に心が傷みます。歯科医のお話に、小学生で総入れ歯にせざるを得なかった子がいたこと。国民の所得全体が低減傾向にあることから所得の中央値も下がり、結局、所得の中央値の1/2以下という国民の貧困ラインも下がり、それが貧困率を押し下げています。決して収入が増えて貧困家庭が減っているわけではありませせん。貧困の最悪の形は、子殺し・親子心中、絶対にあってはなりません。

●子育て世帯に対する公的給付が異常なほど少なすぎます。浅井先生のお金が貧困問題の全てを解決するわけではないが、かなりの分の問題を解決できることも事実と言う指摘は本当に重いと思います。日本の家庭の収入の9割は労働に由来する収入、ここが不安定雇用やリストラでどんどん減っています。公的給付は2.5%しかありません。半数が貧困ライン以下の母子家庭ですら、公的給付は15.7%です。お金がないということは、子どもから希望を奪うことになります。

●人生の始まり(乳幼児期)での支援が政策的には大変有効です。しかし、日本はこの時期の責任は全て親が負うものという考えが蔓延しています。結果として、子ども期、人生全体の前向きの発展を阻害することにもなっているのではないでしょうか。子育て支援策についても時には、母親の責任に収れんしてしまいかねない施策があることも事実です。

●子ども食堂は非常に大切ですが、これでは解決にはなりません。なによりも、毎日食事が提供されるわけではないから。アメリカやイギリスでは、登録制ですが学校で毎朝朝食を提供しています。「早寝、早起き、朝ご飯」はとてもよいスローガンですが、そうできない家庭をどうするのか。家庭の自助努力では解決しません。

●学習支援を通して、「この地域の大人は自分を見捨てていない」という大人への信頼感、自分にも価値があるという自己肯定感が増していることは大きな希望です。

●貧困調査が大事です。戦争こそ超貧困者会を生みだします。決して戦争を起こしてはなりません。憲法順守の義務を負っている内閣そのものが、改憲の旗振りをしている異常さがあります。

●子どもの貧困対策では、その仕事を直接担う専門部局を創設すること、きちんと目標数値を定めることがカナメです。総バナではうまくいきません。ポイントを定めて集中して取り組むようにすべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

賦課金裁判、札幌高裁実質審理が終了

090511_13330001  昭和中央土地区画整理組合の賦課金と差し押さえの無効を求めた裁判の控訴審が今日、札幌高裁で始まりました。さすがに釧路地裁のようにはいきませんが、今日も10名を超える傍聴者がかけつけました。札幌に住む原告の方とも久方ぶりにお会いすることがて゜きました。

 高裁の審理はほとんど書面の交換だけです。原告側の大輪手続きの方で書面が間に合わなかった方が一人いて、その関係で8月にもう一回だけ公判が開かれますが、実質的な審理は今回の1回で終結すること、判決が9月25日に言い渡すことが決まりました。

 審理そのものは予想以上のスピードで進むようです。組合側が求めていた新たな証人調べは行われないことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

来年3月末に尺別駅、直別駅を廃止?

Photo_2 Photo_3 今後、大きな問題しなければならないことに、来年3月末でJR直別駅と尺別駅を廃止するというJRの提案です。総務文教常任委員会に報告がありました。
 質問すると、昨年には口頭でJRの廃止の意向が伝えられ、今年5月17日に正式で文書で通知があったようです。現状では市は廃止について、一定の理解をしているということのようです。
Photo_4 尺別駅は、あの映画「ハナミズキ」の重要な舞台です。新垣結衣の演じる紗枝の家が、いまも観光スポットとして残されています。直別駅も、改築して間がありません。乗降客が減ったからなくしてもしかたないでは、際限なくJRの縮小を招くだけです。突き詰めれば、花咲線も釧網線も赤字だからしかたない・・・みたいなことになりませんか。
 実は国鉄時代から、いつも赤字なので、「この線路を廃止します。この駅を廃止します。」と対応してきました。でも危機が去ったことは一度もありません。限りなく、縮小再生産になっただけです。国民の足を守る、資金の面では国がきちんと保障する。この2点がなければだめ!!これが私の結論です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧