« 姉妹都市交流二日目 紙すき体験と鳥取砂丘 | トップページ | 道主催のIR説明会に参加しました »

2018年8月 5日 (日)

鳥取の宇倍神社と伊福部昭

 姉妹都市交流の最後の視察は、「因幡の国一の宮 宇倍神社」を訪問させていただき、宮司の金田さんからお話をお聞きしました。宇倍神社に祭られている武内宿禰は数代の天皇に仕え、はじめて大臣の称号を贈られた人物です。350歳で没したということですから、神話の要素も多いのかと思いますが、死後にお金の神様としてまつられ、明治政府が発行した1円札、5円札などに神社と武内大臣が描かれています。Img_20180803_172259_2

 さてこの神社、大変歴史のある神社で「伊福部家」の方が長く神主を務めてきました。伊福部家というのは、古代から続く豪族で、家系図は奈良時代までさかのぼることができるそうです。この伊福部氏、明治になると神主をやめて神奈川県へ。さらに北海道へ「屯田兵」として入植します。この伊福部氏の三男が釧路生まれの伊福部昭氏です。あの「ゴジラ」のテーマ曲を作曲した音楽家です。伊福部昭氏は東京で音楽活動に従事するのですが、生涯、本籍地は鳥取市に置き続けていたこと。昭氏のお墓も宇倍神社のすぐ近くにあるそうです。

 鳥取市と釧路市の姉妹都市の縁は、鳥取士族の入植に始まるわけですが、今回の視察の中でも鳥取士族の釧路への出航した記念碑を見せていただきました。あわせて、伊福部昭氏にをはさんで鳥取市釧路市の間にも、そんなお話があったことは正直知りませんでした。伊福部昭氏の長女・玲子さんは陶芸家です。宇倍神社にその焼き物が展示されていましたので写真をパチリ。

|

« 姉妹都市交流二日目 紙すき体験と鳥取砂丘 | トップページ | 道主催のIR説明会に参加しました »

市政と市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取の宇倍神社と伊福部昭:

« 姉妹都市交流二日目 紙すき体験と鳥取砂丘 | トップページ | 道主催のIR説明会に参加しました »