« 2018年7月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年8月

2018年8月 5日 (日)

鳥取の宇倍神社と伊福部昭

 姉妹都市交流の最後の視察は、「因幡の国一の宮 宇倍神社」を訪問させていただき、宮司の金田さんからお話をお聞きしました。宇倍神社に祭られている武内宿禰は数代の天皇に仕え、はじめて大臣の称号を贈られた人物です。350歳で没したということですから、神話の要素も多いのかと思いますが、死後にお金の神様としてまつられ、明治政府が発行した1円札、5円札などに神社と武内大臣が描かれています。Img_20180803_172259_2

 さてこの神社、大変歴史のある神社で「伊福部家」の方が長く神主を務めてきました。伊福部家というのは、古代から続く豪族で、家系図は奈良時代までさかのぼることができるそうです。この伊福部氏、明治になると神主をやめて神奈川県へ。さらに北海道へ「屯田兵」として入植します。この伊福部氏の三男が釧路生まれの伊福部昭氏です。あの「ゴジラ」のテーマ曲を作曲した音楽家です。伊福部昭氏は東京で音楽活動に従事するのですが、生涯、本籍地は鳥取市に置き続けていたこと。昭氏のお墓も宇倍神社のすぐ近くにあるそうです。

 鳥取市と釧路市の姉妹都市の縁は、鳥取士族の入植に始まるわけですが、今回の視察の中でも鳥取士族の釧路への出航した記念碑を見せていただきました。あわせて、伊福部昭氏にをはさんで鳥取市釧路市の間にも、そんなお話があったことは正直知りませんでした。伊福部昭氏の長女・玲子さんは陶芸家です。宇倍神社にその焼き物が展示されていましたので写真をパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姉妹都市交流二日目 紙すき体験と鳥取砂丘

Img_20180803_173821_2 8月1日。姉妹交流の二日目でした。鳥取の気温はこの日も35度も大きく超えました。聞くところによると、釧根地方も釧路市を除くとほとんどが30度台とのこと。北海道も熱波に襲われたようです。

 午前中は鳥取市街地からは30数キロ離れているのでしょうか、鳥取市(旧)青谷町の「あおや和紙工房」を見学、紙すきの体験をさせていただきました。音別でも「ふき紙つくり」を熱心に取り組んでいます。学習体験施設「こころみ」などで紙すきの体験などもしていますが、今回の「あおや和紙工房」は非常に参考にできる施設と感じました。鳥取市と合併する前に(旧)青谷町が施設を整備して、合併後の今日に引き継がれています。「こころみ」の体験もいいのですが、正直、音別の町からも相当離れています。せめて、音別の街中にこうした施設があればとも思いました。

 さて、午後は鳥取砂丘の視察です。まず「砂の美術館」。Img_20180803_172415_2
鳥取砂丘の砂をつかって「砂の像」をつくり展示しています。原料は砂と水のみ、だから長持ちはしません。それで毎年、展示する砂の像をつくり変えています。今回のテーマは「砂で世界旅行・北欧編」。ムンクの「叫び」、ダイナマイトをつくったノーベル、北欧の民話などをテーマに多くの砂像に目を奪われました。現在では、こうしたミュージアムは世界でただ一つ。本当に素晴らしいの一言です。

 そのあと、酷暑の中でしたが少しだけ鳥取砂丘を見せていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取市姉妹都市交流、一日目。表敬訪問と「わらべ館」

Img_20180802_232402 7月31日から8月2日までの予定で鳥取市の姉妹都市交流にImg_20180803_174400


参加しました。7月31日は、議長・副議長と市長への表敬訪問から始まりました。

 この日、鳥取市は38度を超え、この日の全国で一番高い気温を記録したとのこと、さすがにすごい暑さです。梨農家という副議長さんのお宅でできた早生の梨をいただきながら、和やかに懇談できました。

 市庁舎の前には、ウサギ(因幡の白兎でしょうか?)をモチーフにしたピンクの郵便ポスト。とてもユーモラスで、郵便ポストは赤以外も可能なんだと、なんだか納得したような・・・・。

Img_20180801_164803


 このあとは、「わらべ館」視察。ここは一階が童謡や唱歌のミュージアム(鳥取県が設置)、二階・三階は、おもちゃの博物館(鳥取市が設置)の複合施設です。外観の一部は旧鳥取図書館を模して建造したとのこと。ずいぶん懐かしい学校風景や駄菓子屋の展示もあって、有意義な視察でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢臼別平和盆おどりに参加してきました

8月4日、5日、第54回矢臼別平和盆おどりが開催されました。私は仕事で、4日の夜だけの参加となりました。それにしてもここ数年の矢臼別は本当に大変です。沖縄の米海兵隊の移転訓練は毎年のように行われ、約束違反の訓練の固定化が図られています。沖縄と同等・同室と野約束も、ほとんど沖縄では行われてこなった夜間訓練が毎年行われます。

 海兵隊の移転訓練以外にも海兵隊は昨年、ハイマースを持ち込んでのノーザン・ヴァイパーの演習を行いました。そして今年、日米合同訓練ではオスプレイ6機を持ち込む予定です。釧路市をはじめ、各自治体で共産党などが「オスプレイ訓練の中止」の申し入れをしています。

 こうした緊迫した中で開かれた「平和盆おどり」。花火とかがり火の点火、盆おどりの動画をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2019年1月 »