« 土地区画整理組合の控訴に厳しく抗議 | トップページ | 会派視察 仙台港周辺の石炭火力発電所 »

2018年4月 9日 (月)

白糠町では学校給食費が完全無償化、なのに釧路市では・・・

04c_0042 義務教育は無償のはずなのに、実際はかなりの父母負担があります。一番負担が重いのが給食費です。給食費が高い原因は、給食の食材費は保護者負担という考えがあって、一般会計からの援助がないためです。

 子どもの貧困が深刻化する中で、「一日の中で学校給食が唯一のまともな食事」「長期休みの後に体重がものすごく減る児童がいる」など、学校給食の役割は一層大きくなっています。そのため、学校給食費に一般会計からの支援を入れて、給食費の軽減をはかる自治体が増えています。昨年の一月時点で、全国で417の自治体が無償化・軽減をしています。白
糠町は今年度から学校給食費と保育料が無償になります。それなのに、釧路市は給食費を値上げ、新入学の子どもにも「嬉しくない」プレゼントです。
子育て世帯の負担を減らそうとの考えはないのでしょうか。「全額補助が難しいとしても、せめて値上げ分だけでも支援して値上げを回避すべきと求めました。

 ちなみに小学校2年生で年間で

釧路市は45,504円から48,608円

阿寒町は41,420円から43,320円

音別町は39,794円から42,586円に値上げになりました。

|

« 土地区画整理組合の控訴に厳しく抗議 | トップページ | 会派視察 仙台港周辺の石炭火力発電所 »

市政と市議会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白糠町では学校給食費が完全無償化、なのに釧路市では・・・:

« 土地区画整理組合の控訴に厳しく抗議 | トップページ | 会派視察 仙台港周辺の石炭火力発電所 »