« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月21日 (水)

視察二日目、福島市で再生可能エネルギーの普及

Pa210077 視察の二日目は福島市で、再生可能エネルギーの普及に取り組む計画について伺いました。太陽光発電パネルの普及を民間住宅、避難所(学校や公民館など)を対象に目標と達成年次を決めて取り組んでいます。Pa2140078_2

あわせて、民間事業者に再生可能エネルギーの分野に参入を促すための施策は大変興味深いものでした。福島市の場合、小水力発電に光を当てて取り組んでおり、すでに7か所の有望地を選定、基礎調査にも取り組んでいます。また民間事業者の行為もあって、2.5KWhと小さなものですが、展示施設も造っていました。民間事業者の事業化はこれからのようですが、期待したいと思います。

さて、釧路市に置き換えて考えると、太陽光発電パネル助成制度や、公共施設への設置は手掛けていますが、規模がまだまだ小さいと感じます。冬季の気温を考えると、小水力が可能かどうかはわかりませんが、上水道の導水管や配水管などを利用することは考えられるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

会派視察、松戸市の介護保険の総合事業

Pa2000171Pa2000716 今日から2泊3日で、共産党の会は視察です。初日は千葉県松戸市に伺い、介護保険の新しい地域総合事業についてお聞きしました。要支援1、2の方のデイサービスとショートステイが、介護保険から地域総合事業に移ります。これまで通りのサービスが行われるのか、本人負担はどうなるのかと心配の声が出されています。

27年度からこの事業に移行したのが松戸市です。基本は、これまで通りの介護事業所が行っていたデイサービス、ショートステイのサービス水準は維持する。国が示しているような無資格者A型やボランティアB型は作っていないそうです。ただし、モデル事業として今年から始めるとのお話でした。

あわせて、制度移行に伴って、市に専門職(保健師や主任ケアマネなど)を配置した高齢者総合相談窓口を設置したことも、大変参考になるお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »