« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

参議院選の比例予定候補のいわぶち友さんがやってきます

 これまでずっと参議院選挙の東北・北海道ブロックの候補を務めていた大門みきしさんに代わって、新しくいわぶち友さんが比例候補者となることになりました。早く、釧路入りしてほしいと思っていましたが、来週の6月10日(水)、はじめての釧路入りが決まりました。半日間の活動ですが、いま地区委員会で行動の具体化を図っているところです。

まず、夕方ですが

6月10日(水)18時30分から 市民文化会館展示ホールで

いわぶち友 「講演と交流の夕べ」を行います。参加料はかかりません。ぜひ多くのみなさんお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

大楽毛地域で戦争立法反対の宣伝行動

Untitled2 今日の午後は、大楽毛の後援会のみなさんと大楽毛地域で、戦争立法に反対をする宣伝行動に取り組みました。ハンドマイクで演説したのは、私と後援会の佐藤さんの二人です。Untitled4

 戦争立法の3つの問題点 ①自衛隊が従来は派遣できないとされていた戦闘地域にまで行って戦闘行為に参加する②PKO活動にかかわって、従来の活動範囲を超えて危険な治安維持活動や、PKOには属さない多国籍軍や有志連合にも参加する③二本が攻撃されていないのに、集団的自衛権の発動だと言って、アメリカの戦争に参加する や 安倍首相がポツダム宣言を読んでいないことなど、語るべきことは無数にあります。今日の午後4時からは特別委員会での志位さんの質問もありました。宣伝が終わって、しんぶん「赤旗」の拡大行動にも取り組みましたが、奥から志位さんの質問の模様がテレビから聞こえてきたおうちもありました。みんなこの戦争法案には反対しています。なんとしても廃案に追い込むまで頑張ろうと、決意を新たにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

共産党市議団で戦争立法反対の宣伝行動

Untitled1_3  今日の昼、共産党議員団で和商市場前の緊急宣伝に取り組みました。梅津議員はあいにく別の会議で参加できなかったので、松永団長、工藤市議と私の三人で、マイクを握りました。

 私は20日の志位さんと安倍首相の「党首討論」で、ポツダム宣言を詳らからに読んだことはない。論表は控えたいとの発言を取り上げて、戦後政治の原点すらまともに理解していない人物が、戦争法案を提出していることは大変危うい。何としても法案を廃案にして、安倍首相を退陣に追い込みましょうと訴えました。

 それにしても安倍首相。公式の場で絶対にあの戦争の非を認めない。ものすごい執念というか、ゆがんだ歴史観というか、本当にこの総理は百害あって一利なしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

ポツダム宣言を読んでいない安倍首相!?

   昨日国会では党首討論が行われ、志位委員長が安倍首相の戦争への認識を問いただした。「あの戦争は間違った戦争との認識はあるのか」と質問した志位委員長に対して、安倍首相は戦後平和の国づくりをすすめたきた。村山談話などの全体を引き継いでいる。」と答えるにとどまった。あの戦争が「間違った戦争」であったことに多くの国民は異論はない。あの戦争が正しかったと擁護するのは、きわめて特殊な右翼思想と考えざるをえない。

 そのあとのやり取りで、志位委員長はポツダム宣言を引用、ポツダム宣言は「あの戦争は世界征服のための戦争であり、侵略戦争」とはっきり断定している。このポツダム宣言の認識を認めるのかと質問すると、安倍首相はつまびらかには承知していない。読んでいないのでコメントできないと答えた。ぜひ、動画でチェックを!!

 

ちなみに「ポツダム宣言」の全文はこれです。

 

 

(1) われわれ、米合衆国大統領、中華民国主席及び英国本国政府首相は、われわれ数億の民を代表して協議し、この戦争終結の機会を日本に与えるものとすることで意見の一致を見た。 

 

(2) 米国、英帝国及び中国の陸海空軍は、西方から陸軍及び航空編隊による数層倍の増強を受けて巨大となっており、日本に対して最後の一撃を加える体制が整っている。 

 

(3) 世界の自由なる人民が立ち上がった力に対するドイツの無益かつ無意味な抵抗の結果は、日本の人民に対しては、極めて明晰な実例として前もって示されている。現在日本に向かって集中しつつある力は、ナチスの抵抗に対して用いられた力、すなわち全ドイツ人民の生活、産業、国土を灰燼に帰せしめるに必要だった力に較べてはかりしれぬほどに大きい。われわれの決意に支えられたわれわれの軍事力を全て用いれば、不可避的かつ完全に日本の軍事力を壊滅させ、そしてそれは不可避的に日本の国土の徹底的な荒廃を招来することになる。 

 

(4) 日本帝国を破滅の淵に引きずりこむ非知性的な計略を持ちかつ身勝手な軍国主義的助言者に支配される状態を続けるか、あるいは日本が道理の道に従って歩むのか、その決断の時はもう来ている。 

 

(5) これより以下はわれわれの条件である。条件からの逸脱はないものする。代替条件はないものする。遅延は一切認めないものとする。 

 

(6) 日本の人民を欺きかつ誤らせ世界征服に赴かせた、全ての時期における影響勢力及び権威・権力は排除されなければならない。従ってわれわれは、世界から無責任な軍国主義が駆逐されるまでは、平和、安全、正義の新秩序は実現不可能であると主張するものである。 

 

(7) そのような新秩序が確立せらるまで、また日本における好戦勢力が壊滅したと明確に証明できるまで、連合国軍が指定する日本領土内の諸地点は、当初の基本的目的の達成を担保するため、連合国軍がこれを占領するものとする。 

 

(8) カイロ宣言の条項は履行さるべきものとし、日本の主権は本州、北海道、九州、四国及びわれわれの決定する周辺小諸島に限定するものとする。 

 

(9) 日本の軍隊は、完全な武装解除後、平和で生産的な生活を営む機会と共に帰還を許されるものする。 

 

(10) われわれは、日本を人種として奴隷化するつもりもなければ国民として絶滅させるつもりもない。しかし、われわれの捕虜を虐待したものを含めて、すべての戦争犯罪人に対しては断固たる正義を付与するものである。日本政府は、日本の人民の間に民主主義的風潮を強化しあるいは復活するにあたって障害となるものはこれを排除するものとする。言論、宗教、思想の自由及び基本的人権の尊重はこれを確立するものとする。 

 

(11) 日本はその産業の維持を許されるものとする。そして経済を持続するものとし、もって戦争賠償の取り立てにあつべきものとする。この目的のため、その支配とは区別する原材料の入手はこれを許される。世界貿易取引関係への日本の事実上の参加はこれを許すものとする。 

 

(12) 連合国占領軍は、その目的達成後そして日本人民の自由なる意志に従って、平和的傾向を帯びかつ責任ある政府が樹立されるに置いては、直ちに日本より撤退するものとする。 

 

(13) われわれは日本政府に対し日本軍隊の無条件降伏の宣言を要求し、かつそのような行動が誠意を持ってなされる適切かつ十二分な保証を提出するように要求する。もししからざれば日本は即座にかつ徹底して撃滅される。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

阿寒川、大楽毛地区で河川改修工事がはじまっています

150524_074701 阿寒川の河川敷を大楽毛西1丁目から写した写真です。 これではわかりにくいのですが、大きな三角形の窪地ができていて、水溜りになっています。「これはいったいなんですか?」と地域の方に聞かれ、調べてみました。

 実は昨年度から大楽毛橋(国道38号線)から嘶橋(いななきばし、湿原道路)の間で、河川の断面を広げるために掘削工事がされていることがわかりました。つまり、川幅を広げる工事です。将来的には、いま掘削しているところまで川がくることになります。21年のときの大雨で被害が150519_114701出たことから、釧路市から北海道に対して河川改修の要望が出され、去年から予算がついて掘削が始まったものでした。総延長は1.8キロだそうです。

 河口部に水産加工団地などがあることから、工事土砂が河川に流れ出ないように、河川側は堤のように掘削せずに土150519_134501盛りを残して進めています。ここに植物が生えて、土が流れなくなったら、堤根部分も取り去って、順次、河川幅を広げていくそうです。

 困った?ことが二つ。ひとつは4メートルほど掘削していますので、雨水などがたまるとかなり大きなため池みたいになります。一応安全対策として、ロープをまわしているようですが、子どもたちが近づかないか心配です。子どもも読めるように、ひらがなで危険・立ち入らないでという看板を付けているそうです。

 二つ目は、かなり長期の工事になりそうです。補助金のない北海道の単独事業で、感性年度は未定とのことでした。昨年度は60mですから、全長1.8キロ。少なくとも数年で終わるという工事ではないかもしれません。河川幅を広げて洪水対策をすることはいいと思うのですが・・・・

 ちょっとピンボケ写真ですが、沖縄のカスタネットだそうです。「辺野古に基地つくるな」チャチャチャ・・・・みたいな感じかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

賦課金と差押えのその後について

 昭和中央土地区画整理組合の賦課金のその後の様子を知りたいとの声がありましたので、私のわかる範囲でお知らせします。

 組合は昨年10月の差押に続き、今年4月22日付で二回目の差押を実行しています。差押えの市への申請は3月10日ごろ、最終的に道の認可を受けたのは4月10日です。対象の方には4月10日付で、4月20日までに賦課金を支払えとの差押え予告を発送、その未納者に対して4月22日に差し押さえたようです。対象となったのは25人と聞いています。

 今回の差押について、何件かすでに相談がきています。これまでと違って、賦課金の決定以降に土地の売買があって、新しく地権者となった人の中で、売買契約書で「賦課金は売主が支払う」との契約があって、なおかつ、売主が現時点まで賦課金を支払っていない場合に、買主の土地を差押えケースもあるようです。

 一回目の差押に対して、異議申し立てをした人に対してですが、組合からの回答はまだありません。例外として、差押えを知って60日以降に異議申し立てをした人や、差押えをされていないのに異議申し立てをした人には、「却下」の回答が来たようです。

 組合に対して、組合員有志が交渉をもったのですが、その回答が代表者のところに届きました。これを見せていただきましたが、全体として「法律で開示義務のないものについては開示しない」と回答拒否が目立っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

都市計画審議会に参加してきました

 総務文教常任委員会の副委員長として、都市計画審議会に出席してきました。

 議案のひとつは愛国191の一部に設定されている地区計画の改訂です。コアかがやきから北側です。これまでは全体をひとつの地区計画にしていましたが、これからはコアかがやき、消防の訓練場を行政サービスの施設エリアに、その北側を医療・福祉サービスのエリアにして、医療、介護、福祉などの施設を誘致するエリアになります。

 報告事項として「立地適正化計画」の報告がありました。これから4年間で決めることになりますが、人口減少社会に対応して、市街化区域の中に、都市機能が集積した「都市機能誘導地域」を設定、そのまわりに「居住誘導地域」を設定します。都市機能誘導区域には、医療・福祉・商業、行政など、民間も含めた誘導施設が指定されます。コンパクトなまちづくりを念頭に置いたもので、この計画を策定すると、各種の支援措置を受けられます。審議を通して、疑問に思ったこと。

①この計画は複数の市町村で共同してつくれるものですが、釧路町は参加しません。つまり、大きな商業施設があり、そこを核に人口集積を進めている地域の問題が、十分もりこまれない可能性があります。計画に、この地域の人が触れれないとしても、人の移動、消費を制限することはできません。

゛えか②市街化区域のなかに居住誘導区域にならない地域ができます。市街化区域でありながら、居住調整区域として居住誘導区域への人口移動を期待される地域です。でもここにもたくさんの人たちが住んでおり、多少の誘導策があっても、ほとんどの人が転居することはなうと思います。そこの人たちのコミュニティをいかに守り、平等の行政サービスを提供するのか、ここの考えがないと大変なことになってしまいます。

③市は決定ではありませんが、コンパクトなまちづくりで検討してきた都心部、新橋大通、鳥取大通り、昭和、星が浦、大楽毛、桜ヶ岡、春採下町の8つの広域中核拠点、地域交流拠点、生活拠点を、都市機能誘導区域に指定する考えのようです。ちょっと、熟慮が必要とおもうのですが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

やったー、大阪都構想、住民投票で否決

 いま、大阪の住民投票で反対多数が確実との報道がありました。やった!!

 ついに橋下市長の暴走にNOの審判を下しました。全国をものすごく励ましています!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鴨川シーワールドの写真です

http://kazushigemurakami.cocolog-nifty.com/photos/kamogawa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから釧路に帰ります


いま羽田空港について釧路行きの出発を待っているところです。短い休みでしたが娘の元気な姿と、案外しっかり一人暮らしをしていることも分かって、安心して帰れます。
明日は早速、広報特別委員会と都市計画審議会があります。生活相談の電話もありましたので、それもこなす準備もしなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

鴨川シーワールドで遊んできました、休日enjoy


今日は鴨川シーワールドに行ってきました。午前中は雨模様でしたが、白イルカのショーは室内、しかもおまけで、白イルカが空気の輪を吐き出すところも見れました。楽しみにしていたイルカ、シャチ、あしかのショーの時間には雨もあがって快適でした。イルカとあしかのショーは以前に見たこともありましたが、シャチは初めて、迫力満点でした。中学生の一行はシャチの水しぶきを頭からかぶって、キャーキャーはしゃいでいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウーパールーパーと対面しました


昨日からお休みをもらって、娘のところに遊びにきています。ウーパルーパを飼っているようです。結構かわいい系です。北海道と違ってもう夏の陽気で、エアコンが活躍しています。娘の一人暮らしは思ったよりしっかりしていました。家もきれい?にしていますし、自炊もしっかりしているようです。今日はドライブの予定でしたがあいにくの雨になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

議会人事が決まりました

 5月 12 ・ 13 日、臨時議会 が開かれ、釧路市議会の議 会人事が決まりました。議 長、副議長には、月田光明 氏(公明党)、畑中優周氏 (新創ク)が選出されまし た。

 なお、共産党議員団の任務分担は次のとおり です。

  団長   松永俊雄
  副団長 村上和繁
  幹事長 梅津則行
  会計   工藤正志

 共産党議員の委員会所属は、
村上議員=総務文教常任委員会副委員長と議会広報特別委員
松永議員=経 済建設常任委員と石炭対策特別委員会副委員長
梅津議員=民生福祉常任委員長と議会運営委員と公立大学 事務組合議員
工藤議員=民生福祉常任委員と石炭対 策特別委員と広域連合議員
と決まり ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

明日から臨時議会

07c_0017 予定では、明日と明後日が臨時議会です。国保の条例改正の議案もありますが、大きな課題は議会の人事です。議長・副議長については、共産党議員団は、「第一会派から議長を選び、第二会派から副議長を選び、議会運営の基本は全会一致で」と考えています。今回の議会構成では、第一会派は自民クラブ、第二会派市民連ですが、なかなかそうはなりそうにもありません。水面下ではかなり激しい対立もあるらしいとも聞いています。でも、議長人事です。可能な限りの合意を大切とするなら、私たちの提案が最も合理的な気もするのですが・・・・

 さて、臨時会が過ぎると、議会の選挙後の本格論戦=6月議会に舞台は移ります。もう少し時間がありますので、じっくり一般質問を考えるつもりです。いまのところ、カジノは取り上げないとと思って気いるのですが・・・・また、臨時会で所属委員会も変わるでしょうから、委員会審議の準備もしなければなりません。これまで2期続けて、経済建設常任委員会でしたから、次は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

2月議会の一般質問をHPにアップしました

 選挙が終わり、ゴールデンウィークが過ぎていきましたが、少しも暇ができません。かなりへばっています。

 さて、遅くなりましたが今年2月の議会での一般質問をHPにアップしました。このページの右側のHPのところをクリックするとHPに行けます。そこで、更新情報の上段にある2月議会の一般質問をクリックすると、そのページに行けます。まだ、写真もイラストも入れてない、文書だけですが、ぜひご覧ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

今日はメーデーでした

150501_182201150501_185701




| | コメント (0) | トラックバック (0)

賦課金の差押の予告書が来ているとのコメントを寄せていただいた方へ

すみません

選挙中は全くメール、ブログ等を見ていなかったので・・・・

予告書はいつまでに支払えと言って来ていますか?

私も相談に乗れますし、「賦課金を考える会」という団体もあります

よろしければ電話090-7519-7560でもメールkazushige.murakami@nifty.com

でもいただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賦課金の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »