« 組合員としての権利行使について | トップページ | 新しく土地を買った人は、売主、仲介業者へ支払いを求めることも考えられます »

2014年10月27日 (月)

賦課金をかんがえる懇談会という市民団体があります

 賦課金問題の解決と土地区画整理事業の問題について、賦課金が発生して以来活動している団体に「賦課金と区画整理を考える懇談会」というのがあります。たぶん、ご存知だとおもいますが、そこがいちばんこの問題で系統的に取り組んでいると思います。この機会にぜひご参加いただいたらどうでしょうか。

 私は昭和中央の組合員ではありませんが、この会に最初から参加して、これまで賦課金問題に取り組んできました。私のところに情報がたくさんあるわけではありませんが、会の皆さんから情報を寄せていただいたり、一緒に行動したりしています。もちろん、弁護士ではありませんから、法的にどうなのと聞かれたり、裁判の勝訴の見込みはと聞かれても、十分な回答はできませんが、被害者がばらばらでは組合の思う壺です。みんなで集まって励ましあって、運動できればと思っていますし、私自身、そうした皆さんの運動を可能な限り支えたいとも思っています。しかし、組合員でない以上、私が裁判の当事者になれなかったり、意義申し立てをできないことはご理解ください。集団訴訟をするかどうかは、最終的には当事者の合意なしにはできません。会に参加して、その点もみなさんと相談されたらどうでしょうか。その上で、みんなでそうしようとなれば、賦課金の会もしっかりサポートしてくれると思います。

 会の連絡先が知りたい方にはメールでお知らせできます。是非知りたいという方は、ぜひ私にメールをください。

kazushige.murakami@nifty.com

また、別に会員にならなくても会の集会等に参加することは自由にできます。集会等の連絡だけほしいという方もメールに、その点を明記して送ってください。会に参加しても、会費などはかかりません。

|

« 組合員としての権利行使について | トップページ | 新しく土地を買った人は、売主、仲介業者へ支払いを求めることも考えられます »

市政と市議会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賦課金をかんがえる懇談会という市民団体があります:

« 組合員としての権利行使について | トップページ | 新しく土地を買った人は、売主、仲介業者へ支払いを求めることも考えられます »