« 久しぶりにワンたちとご対面 | トップページ | 視察のお土産   行橋市の乾燥イチジクです »

2013年10月13日 (日)

TPPの学習講演会とさよなら原発集会に参加してきました

131013_104301 今日は10時30分から、釧路町公民館で開かれた東山寛先生(北海道大学大学院講師/農学博士)の学習講演会に参加してきました。この講演には、来賓として佐藤釧路町長、松浦釧路市副市長、石田白糠町議会副議長、高取標茶農協組合長が参加してくれました。

 TPPの交渉経過や農業分野への影響にふれたあと、東山先生は「フォンテラ」というニュージーランドの酪農メーカーが浜中町を急きょ視察したことに話をすすめました。このメーカーは世界各地に牧場をもつ多国籍企業で、いま、一番伸ばしているのが中国への輸出です。ぐんぐん中国への輸出量が増え、国内だけの生産では対応しきれなくなって、中国に近い日本に新たな生産・輸出拠点をつくろうとして浜中を視察したのではないかと指摘しました。

 日本郵政での「がん保険」の発売禁止から大騒動になった問題でも、結局、落ち着いた先は日本の郵便局網のすべてを使って、アフラックのがん保険を販売することです。TPP交渉のなかで、だれがこれを進めているのか、どんどんはっきりしてきました。多国籍企業が国境を越えて、無制限に水かせの利益を拡大するテコにTPPがなっているのです。肥え太る巨大企業、その一方で多くの国民が貧困ビジネスに取り込まれることになるとも話されました。アグリビジネスが病気ビジネスと癒着し、国民の日99%が貧困層に落ち込んだ時に、これをターゲットに一儲け上げようというのだそうです。貧困層ですから、一人で大儲けを上げることはできませんが、なにせ国民の99%、ひと塊とみればまさに巨大な市場です。ちなみにアグリビジネスと病気ビジネスの融合はすでに始まっていて、いまアメリカでは人間の喘息用に開発されて薬が、餌に混ぜられて牛に与えられています。そうすると、2%ほど、牛の成長が早くなるのだそうです。しかし、そうした牛は屠場に行くと、他の牛とは明らかに違います。戸板を前にしてつま先立ちしてブルブルふるえるのだそうです。薬との因果関係はまだわかってはいないようですが・・・・ちょっと怖くなるようなお話でした。

131013_140301131013_143001



 午後2時からは、幸町講演で「福島を忘れるな、再稼働を許すな」さよなら原発くしろ集会に参加しました。今日、10月13日、全国一斉に反原発行動が取り組まれています。少し風が強くなっていましたが、福島の汚染水のことを思うとじっとしてはいられません。

 幸町公園から始まって、北大通りを南から駅前まで、最後は和商市場まで、元気にデモ行進もしました。

|

« 久しぶりにワンたちとご対面 | トップページ | 視察のお土産   行橋市の乾燥イチジクです »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TPPの学習講演会とさよなら原発集会に参加してきました:

« 久しぶりにワンたちとご対面 | トップページ | 視察のお土産   行橋市の乾燥イチジクです »