« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

娘がスマホを買ったらしい

 私の携帯はずいぶん旧式の部類になりますが、一人暮らしをしている娘が携帯をスマホに買い換えました。ポイントを使ったので6万5千円ほどで買えたというのですが、やっぱり結構高いものですね。私は携帯はもつぱら電話、ネットはパソコンで、使い分けているので正直、スマホがほしいとはなかなか感じません。携帯でメールをしたり、ネットを楽しんでいる人はスマホが便利なのでしょうが・・・・・・・・・・・

 さて、今年の仕事がやっと終わりました。と言っても、私は今晩、当直勤務なので、事務所に泊まって新年を迎えることになります。元旦は、市議団と佐々木りょう子さんで街頭宣伝の予定ですので、それが終わってから家に戻ります。一人で、事務所で残った仕事でもして、除夜の鐘でも聞こうかな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

ツルツル路面で市民は大変!!市は除雪予算を増額補正、先決処分を

10c_3017


 今年の12月は冷え込みといい、降雪量といい、半端ではありません。それでなくても市内より雪の多い阿寒に住んでいますので、除雪は大変です。おまけに新聞の朝の配達は、シンシンとした冷え込みで、身体が芯から冷え切ってしまいます。冬になったばかりですが、本当に春が待ち遠しくて・・・・

 

 さて、それにしても釧路市内の道路の交差点、車がスリツプして止まりません。停止線をオーバーすることもしばしば、前の車が急に止まって、ヒヤッとする場面も何回もありました。みんながブレーキを同じところで踏むものだから、路面が磨きあがったガラスのよう、低速でもなかなか止まりません。

 12月の降雪で、市の除雪予算は底をつきそうで、あわただしく1.5億円ほど増額補正をすることになりました。議会まで待っていられませんので、とりあえず先決処分として予算を執行、事後の議会で承認を求めることになります。さて、それにしても毎年気になることがあるのですが、そもそも当初予算の除雪費が少なすぎるのではないでしょうか。暖冬でめったに雪が降らないシーズンでも、しのげるかどうか怪しいぐらいしか予算措置しないのは、いかがなのでしょうか。毎年、先決処分をして増額補正をしているわけですが、先決処分は、いわば緊急避難措置であって、除雪費だからと言って構わないというものではないはずです。確かに、決算等で補正財源が見いだされないと、予算措置が難しいという言い分はわからなくはありませんが、それは除雪予算に限ったことではないはずです。

 なぜ、そのことを指摘するかというと、結局、過小な当初予算が対応を後手後手に回すことにもなりかねませんし、とりわけツルツル路面対策は、ほんの一部を除けば「お寒い」限りと言わざるを得ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

タンチョウと白鳥

Img_1500


 今日の午後は、鶴居村議の及川満浩さんと一緒に、鶴居村の支持者や後援会員の方に年末のごあいさつで訪問しました。みなさん、総選挙の結果を残念に思い、この先の阿倍政権に大きな不安を持っています。共産党の役割はますます重大です。

 さて、道中に及川村議に聞いたのですが、鶴居村は昔からタンチョウのいる村として有名ですが、このごろ渡り鳥の白鳥も飛来するようになったとのこと。しかも水辺で羽を休めているわけではなく、デントコーン畑でデントコーンやミミズなどをほじって食べているらしいとのことです。白鳥もずいぶん変わってきたようです。そういえば、桜田でも白鳥をときどき見かけるようになりました。これも温暖化の影響なのでしょうか。観光資源としては、白鳥もよいのですが、白鳥は渡り鳥、鳥インフルエンザが持ち込まれたら大変なことになってしまうと心配もされているようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

町内会でもちつき大会

01461 北新町町内会で、この時期恒例のこどももちつきがありました。こどももちつきと言っても、大概の準備は大人がします。私も8時少し過ぎに開館に行って、お手伝いをしました。

 

 私のこどものころは、親戚一同が本家などに集まってもちつきをしたりむしましたが、そんな光景もすつかり昔のことになったような気がします。私の娘が保育園に行っていたころは、毎年もちつきに駆り出されていましたが、もう杵ももたずに15年近くたちます。さすがら寄る年波で・・・・杵の重さをずっしり実感するようになってきました。それでも、子どもたちの嬉しそうな顔を見ると、毎年続けないと、と思うのですが・・・・・

 もちつきにご参加のみなさん、本当にお疲れさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

年賀状書き始めました

 昨日の泊まり勤務のときに、年賀状をパソコンでつくり、今晩は宛名書きです。さて、ここで迷ってしまうのが、どこまでの人が喪中か?ということです。今年の春先、妻の祖母が亡くなりました。義母の兄弟姉妹は喪中ということになるのでしょうか。年賀状を出していいものか、悩むところです。

 もうひとつ、初めて自宅以外に住む娘に年賀状を出します。正月は戻らない予定と言っていますから、少し脅かしてやろうと思っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

ニュースをつくりました

 日本共産党釧路市西部ブロックのニュースをつくりました。表面は、総選挙の結果と参議院選挙の決意をつづっています。裏面は、9月議会と12月議会を中心とした議会質問をまとめました。総選挙も終わって、少し今年の活動をまとめる時間もできました。というより、今晩は事務所の当直勤務なので、その時間を利用して作っています。(*^.^*)

こちらをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/kazushigemurakami/kouenkainews201301.pdf

 

http://homepage3.nifty.com/kazushigemurakami/kouenkainews20132.pdf

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

総選挙の結果

 12月16日投票が行われた衆議院選挙で、日本共産党は議席の倍増をめざして奮闘しましたが、結果は8議席(369万票)にとどまり、北海道比例ブロックでの議席獲得はなりませんでした。また、小選挙区の佐々木りよう子さんの得票は8918票でした。
 今後、党内外のみなさんの声に耳を傾け、自己検討を行い、これからの活動に生かしていきます。

 選挙結果は、「自公が圧勝」とマスコミは報じていますが、自公の公約が国民から支持されたわけではありません。
 大増税でも、TPPでも、原発でも、自公は国民の願いに応える政策を持っていません。安倍総裁のもとで、憲法改悪に対する国民の不安も高まっています。民主党政権に対する厳しい批判が、自公の議席増となりましたが、それは多くの死に票を生み出す小選挙区の害悪のあらわれでもあります。事実、前回総選挙と比べて、自公は得票を減らしています。

 釧根地域では、小選挙区で新党大地の女性候補が5万票を超えましたが、比例区では前回総選挙と比べ、1万票以上減らしています。投票率の大幅低下と合わせて、自民党型政治に対する厳しい批判がそこにも表れています。

 日本共産党は、公約の実現を目指して引き続き全力をつくします。

 下のグラフは、直近の3回の国政選挙の釧根地域での比例票の推移です。自民圧勝と言いますが、前回総選挙と比べると、自民の得票は1万票減っています。公明党も6千票減らしています。新党大地は参院選は候補を立てませんでしたが、前回総選挙から1万1千票の減、民主党は、10年の参院選の1/3近くまで激減しています。
 一方、日本共産党は得票率では前回2回の選挙の峰を今回もほぼ守りましたが、得票は減らしています。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

しばらく更新していなかった

(^-^;

 本当にずいぶん更新していませんでした。この間、共産党の地区委員長に選ばれて、そのあと、釧路の市長選挙、続けざまに弟子屈町議選挙。そのあと間髪をおかずに、急転直下の国会解散。そして総選挙。その選挙も、やっとおととい終わりました。その間に、市議として12月議会の一般質問と委員会審議をこなし、本当に寝る時間もない?ほどの忙しさでした。

 ただ、総選挙の結果は本当に残念です。7区の比例票も前回と比べ、大きく後退してしまいましたし、全国的には議席が1減となってしまいました。一から再出発のつもりで、組織の建て直しに取り組まないとなりません。

 さて、少し落ち着いて、仕事に臨もうと思って、ブログの更新を再開しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »