« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

日本共産党「青空まつり」

P9291935  「青空まつり」の当日がやってきました。あいにくの雨。でも、ぽつらぽつらと落ちている程度でなんとかいけそうです。私は共産党の地区委員長として挨拶10分という出番がよていされていますが、昨日の夜、原稿も書いたのでなんとかなりそうです。お昼は、阿寒後援会から焼肉を食べに来てと声をかけていただいているし、鳥取後援会から「焼きそばやお赤飯も用意するから」と言われていました。楽しみ、楽しみ・・・・

 さて、会場につくと、しばらくして強く雨が降り始めました。結局、急遽、会場を遠矢コミュニティセンターに変更して、40分遅れでスタートです。佐々木りょう子さんと紙智子さんが記念講演をしました。

 さて、会場の変更で一番困ったのはお昼です。当然、中の会場ですので火は使えません。ほとんどのところが焼肉バーベキューを予定していたでしょうから、昼食がなくなったグループ、後援会もたくさんでました。私は幸い、あっちこっちの後援会から「食べなさい」と差し入れをいただいたので、むしろ食べきれないほどでした。なにはともあれ、ハプニング続きでしたが、無事終ることが出来て、ほっとしています。

ぜひ、下の動画もご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

明日は共産党の「青空まつり」

09c_3017  明日は午前10時から釧路町の別保公園で、日本共産党「青空まつり」が開かれます。共産党の年一回の野遊会?みたいなもので、後援会員のみなさんや支持者の皆さんが集まって、ステージの催し物を見たり、各地の特産品を買ったり味わったりと、楽しい一日になると思います。

 国会から紙智子参議院議員もかけつけ来て、お話していただきますし、もちろん、小選挙区の予定候補の佐々木りょう子さんもお話しします。私のお昼はというと、阿寒の後援会のみなさんが用意しておくので、「楽しみにしておいて」と声をかけられています。私も、身近維持間ですが、日本共産党釧根地区委員会を代表して、ご挨拶することになっています。いまから、しっかり原稿も用意しようかなと思っています。

 なお、このお祭りには、先の町議選挙で初当選を果した藤井のりおさん(中標津町)や11月4日に投票予定の小川よしおさん(弟子屈町)も挨拶します。ぜひ、多くの人に参加してもらいたいものですね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

衆院選の政見放送の録画撮り

 来るべき総選挙での政見放送のための録画撮りがありました。と言っても、小選挙区候補の出番は5秒程度で、名前を言うだけです。佐々木さんお疲れ様でした。

 釧路らしい背景で撮ろうと、佐々木さんを交えていろいろ検討しました。最初は、港文館の啄木の像がどうかと思ったのですがねごちゃごちゃしすぎでだめ、次の米町公園は、光が取れないというので断念。

結局、幣舞橋と花時計を背景に撮ることになりました。結果は、なかなかの出来だと思います。楽しみにしていてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

佐々木りょう子さんと朝の宣伝始める

まずは、下のURLをクリックしてみてください。

http://sasakiryouko.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-91dd.html

P9241932


今週から衆院選の予定候補の佐々木りょう子さんが朝の宣伝を始めました。まずは火曜日と金曜日です。金曜日は駅前を予定していますが、今日は私が毎週宣伝している鶴見橋で宣伝をしました。この場所は、車の交通量は多いのですが、聞いてくれるのは自転車の高校生が圧倒的です。娘が高校生のときには、「●●の父ちゃん、今日もえんぜつしてたぞっ」と学校で言われると娘も嫌がっていたようです。

 今日の演説では佐々木さんが消費税、原発、TPPやオスプレイ、尖閣の問題について話し私は維新の会のことについて、少しだけ演説をしました。さて、反応はどうだったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

石川康宏さんの講演会

P9231929


 24日、はるか薬局の開局10周年を記念する石川康宏さん(神戸女学院大学文学部総合文化学科教授)の講演会を聞いてきました。石川さんは、マルクス経済学を基本に、慰安婦問題や大阪維新の会の問題などで、たくさんの著書を発表している方です。

 敗戦のアメリカの全面占領下で、アメリカの庇護のもと、財界が日本の支配層として復活していったこと。戦前の軍国主義政治家たちを中心に、財界の忠実な政治の代弁者として、自民党が育てられてきたこと。
 しかし、90年代からの自民党の長期低落傾向のなかで、財界が「第二の自民党」を育てるべく民主党に関与していったこと。それでもなかなか民主党は財界のおめがねにかなう党ではなかったけれど、自民党政治の行き詰まりのなかで政権交代がおきたこと。すぐさま財界はマニフェストを攻撃し、鳩山、菅、野田と首相の首が変わるにつれて、文字通り自民党と変わらない政党になっていったこと・・・話もとても痛快でした。

 この間の構造改革路線という名前の政治の


奥底に横たわってきた太い考えは、「財界がもうかればやがて下々にも」とい財界の利益追求剥き出しの論理でした。しかし、小泉構造改革がそうだったように、この理論は日本社会を真っ二つに分断し、空前の利益を上げる大企業と、貧困化する国民をつくりだしただけです。そこに、日本経済と財政破綻の真の原因があります。消費税増税は、この社会の分断をより徹底するものに他なりません。

 さて、そうした政治は必然的に「これでは生きていけない」という国民の反撃を呼び起こさざるをえません。首相官邸を包囲する20万人の原発再稼動をやめよの取り組みも、沖縄でのオスプレイ配備反対の10万3千人の集会は、その象徴的なできごとです。次の総選挙の結果がどうなるのか、これまでと同じように、日本政治の二つの異常(アメリカと財界への異常な奉仕)が続くのか、そうではないのか・・・私たちの真価が問われるのでしょう。

 大阪維新の会はどうでしょう。維新八策が語るように、この政治勢力は、財界のために国民が努力しろと求めています。しかも、財界に奉仕するための究極の構造改革=道州制も狙っています。大阪都構想とは結局、「関西州」への一里塚なのでしょう。財P9231931界へパーティー券を買って欲しいとせがむ姿は、この政治勢力が決して国民を向いていないことを示しています。
 しかも、この政治勢力は、民主主義と共存できません。橋下市長は、慰安婦に軍が関与した証拠を出せと、桜井よし子さんばりの発言を繰り返しています。

・・・・・・・明るく元気になれるお話でした。それと最後に石川さんは・・・
 いまネットの世界が政治の行く末を争ううえでは重要な舞台になっている。苦手と言って、ネットを避けていると不戦敗になってしまう。みんなでツイッターやフェイスブックをすべしと強調しました。さて、ここはどうなることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業会計の決算審査が終りました

 今日、市長総括質問を終えて、企業会計の決算審査は事実上終りました。あとは来週の月曜日、採決(認定か不認定)を残すばかりです。私は市長総括として「西港分譲地の販売促進策」のことを聞きました。要は、地価の下落が続いているなかで、分譲地の定価が実勢価格と乖離しているので、定価の改定を行うことと、この土地の分譲益が借金払いの元手になることから、市長先頭に全庁あげて、販売促進に取り組むべきとの質問でした。

 質問も整理しながら、賛否を考えようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

住宅エコ・リフォーム補助制度について、市に緊急申し入れ

06c_0008  今日の本会議終了後、共産党議員団として「住宅エコ・リフォーム補助制度」について蝦名市長に緊急の申し入れを行いました。実は市長はそのあと、マスコミを集めて正式に市長選挙の出馬表明をするということで、あわただしい中での申し入れとなりました。

 申し入れの内容は3点

     今年度の住宅エコ・リフォーム補助制度について、補正予算を組み追加募集を行うこと。

     来年度の住宅エコ・リフォーム補助制度については、予算額を大幅に増額すること。

     補助要件を緩和するために、市の単独補助による別枠の補助制度をつくること。 

②と③については、常任委員会の市長総括でも市長に直接問いただした点ですので、市長もよくご存知です。実は①について、市としては500万円の補助枠を使い切っている状態ですが、道に問い合わせると補正予算にまわせる交付金があるので、市が補正予算を組みたいなら協力できるとのないようの話が入ってきました。ぜひ、この枠に手を挙げて、ただちに補正予算の編成にかかるべきと、緊急申し入れとなったのです。

 市としても、国の交付金にこれから使える枠があると、つい先日知ったばかりで、大慌てでした。結論的には、これから準備をしても補助金交付は12月過ぎになり、住宅改修が物理的に難しい時期に入ることから、補正には消極的でした。

 しかし、一番のハードル、財源については見通しがあるのですから、補正額の大小はあっても大いに可能性を追求してほしいと、強く要望しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

いよいよ、決算委員会

02c_0017  明日は本会議での採決、あさってから企業会計の決算委員会が来週の月曜日まで続きます。

 ここ数日、パソコンや書類とにらめっこの日々です。とくに今回は、市立阿寒病院のことと下水道会計の生保減免の廃止問題を議論しようと思っています。病院の民営化検討の路線が破綻した経緯を、しっかり確認、改めて問題点を浮かび上がらせたいと思っています。時々の議会審議では真剣勝負もあって、余裕なくやっていたような気がしますが、決算審査なので改めて吟味してみようと思っています。

 下水道の減免は、水道料金も含め、災害時の減免制度の創設ということで、6月議会、9月議会で取り上げました。最終的には、生活困難な方への支援へつなげたいと思っていますので、23年度に廃止された下水道使用料の生活保護減免はとても参考になるものと思っています。まだまだ準備をしなければなりませんが、もう一息がんばってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

鳥取神社のお祭りが始まった、明日からは阿寒神社も

09b_4011 仕事の行き帰り、国道38号線を通りますが、今朝、鳥取神社のお祭りの準備のところに出くわしました。娘が鳥取西小学校に通っていた頃は、親子で楽しみにしていたお祭りでした。夕方には、たくさんの出店もでて賑わっているようでした。

 さて、我が家のある阿寒町でも、あちこちに阿寒神社の例大祭ののぼりがたっています。明日が宵宮であさってには、お神輿も繰り出します。私はあいにく、明日もあさっても仕事ですし、決算委員会の準備もあって、お祭りを楽しむことは無理みたいです。少しの時間でも、のぞきに行こうとは思っているのですが・・・

 それにしても秋祭り本番のシーズンを迎えても、今年の夏の陽気は異常です。真夏時期より暑いのですから。なんとかならないものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

市長総括が終りました

09c_2009住宅エコ・リフォーム補助事業とフィットネスセンターのあと利用について、直接市長に質問しました。

 住宅エコ・リフォーム補助事業の論点は二つ。市長の進める「域内循環」の促進策のなかにしっかり住宅エコ・リフォーム補助事業を位置づけること、もうひとつは来年度は予算額を大幅に増やすことです。

 地元発注、費用対効果の面で、住宅エコ・リフォーム事業は大変すばらしい特質があります。まず、助06c_0035 成条件が釧路市内に本店を有する事業者を利用する場合に限られていますから、市外の大手リフォーム会社にお金が流れることはありません。費用対効果の面では、補助金の25倍近い効果額を生み出しました。またこの制度が呼び水になって、住宅エコ・ポイント、介護保険の住宅改修、耐震改修の助成制度も使われました。ぜひ、「域内循環」策に位置づけて、取り組みの強化をと求めましたが、市長は「バリアフリー」「省エネ」が事業目的であることに固執、結果として域内循環に貢献していることは認めましたが、政策の位置づけを高めることは承知しませんでした。

 来年度ですが、予算編成がこれからですので、当然「増やす」「減らす」と明言はできません。市長は国の交付金制度をはじめとした動向をしっかり見極め、予算編成したいとの答弁でとどまりました。担当課はおそらく「大幅増額を提案してくる」とたたみかけましたが、担当課の話もしっかり聞きたいと・・・そんな答弁でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

ひたすら市長総括の準備

 今日は、経済建設常任委員会の審議はありません。私は明日行われる市長総括質問の準備にあけくれました。

 質問は2点。住宅エコリフォーム補助事業と、フィットネスセンターのあと利用についてです。住宅エコリフォーム補助制度については、費用対効果も予想以上に大きかったことかP1011860ら、今年の予算額500万円(10/31までが本来なら申込み期間でしたが、8/31時点で、今年の予算額500万円を使い切ってしまった)にとどまらず、大幅に予算を増額するよう求めます。

 もうひとつのフィットネスセンターのあと利用については、検討と市民合意が不十分なままプール部分をフロアに改修する整備費(今回はその設計にかかわる委託費が約1000万円提案されています。改修にかかる予算は3億円と見ています)が提案されていることから、これをいったん撤回し、さらなる検討をするよう求めます。

 でも、最終の質問の仕上げはこれからです・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

フィットネスセンターのあと利用と住宅エコリフォーム補助制度について質問

 委員会審議も2日目です。午前中は都市整備部、午後は産業振興部です。

 午前中の審議で力を入れたのは、住宅エコリフォーム補助制度、市が予算した500万は使い切りましたが、締め切り後も問い合わせ等があります。全国でも、共産党などの運動が実って、住宅リフォーム助成として広がっていますが、釧路市の場合も500万円の補助金で、件数としては20件ですが、トータルで1億2千万円の住宅リフォームの仕事が生まれました。もう少し、予算が多ければ、もっと多くの人に利用されたに違いありません。補正予算を組んで、今年度の事業を追加募集すること、来年度は当初予算を大幅に増額するよう求めました。

 もうひとつは、市営住宅の鳥取南団地についてです。今年度基本計画の策定、基本設計をすることになっていますが、今の予定では来年度、実施設計、さ来年度着工、入居は27年4月を予定しているそうです。。25年度には住民説明会も行うとのことでした。私は、この団地にしっかりとした防災・避難所機能を持たせることが大事と考えています。すぐ近くには新陽小学校があり、新富士地区には高い建物もありません。10m級の津波が予想されますので、上層階に津波緊急一時避難施設が必要です。市としても、これから決まることですが、津波緊急一時施設として活用することを考えているとのことでした。私は、それであれば、廊下だけがあったら身体を横にすることもできないので、できれば上層階に集会所をつくるようにと求めました。

 産業振興部では、フィットネスセンターのプール部分をフラットな床張りにすることについて、時期尚早であり、さらなる検討が必要ということを強調しました。他にも、阿寒湖の世界自然遺産登録とカジノ構想は両立しないこと、阿寒観光振興公社が指定管理している施設についてなどを質問しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

今日から議会は委員会審議

 先週の本会議での一般質問に続き、今日からは常任委員会の審査です。私が所属する経済建設常任委員会は、初日は上下水道部と水産港湾部の審査でした。

 上下水道部では、釧路町との事業統合、被災時の上下水道料金の減免制度、津波シミュレーションと愛国浄水場の更新計画の3点を質問しました。

 また水産港湾部では、水揚げと資源管理の問題、復興航空の国際定期便の就航、HACの経営改善、港湾と水産関連施設の修繕などを質問しました。内容は、もう少しじかんがたって、アップします。

 さて、明日の産業振興部と都市整備部の審査の準備に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

台湾との定期便、釧路空港に就航

120907_130401 台湾の復興航空(トランス・アジア航空)の台北・釧路の定期便が、今日のお昼に就航しました。12時すぎに台北からの一便が釧路空港に到着、市議会議員も全員、関係者とともにお客様をお迎えしました。

 その後空港2階で、就航記念のセレモニー、写真はクス玉を割った瞬間です。釧路空港にとっては、国際定期便の初めての就航です。

 復興航空は、立て続けに札幌、函館、旭川、釧路に台北からの便を集中的に就航させます。これまで日本への便は大阪だけでしたか、北海道と同時期に就航する沖縄便とともに、注目されています。

 しかし、北海道には同じ台湾からすでに、中華航空やエバー航空が就航しているはずですので、厳しい生き残り競争になるのでしょう。とくに、新千歳以外にも、旭川、函館にも就航ですので、都市間の競争も起きてきます。行方を注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

一般質問が終りました

 今日、一般質問をしました。一回目の質問を紹介します。

1、市立阿寒病院
●今後の病院のあり方について、介護療養病床については市は継続が必要との立場であったと思いますが、それは現時点でも変わらないのか、今後の検討如何によっては介護療養病床の廃止もありうるのか。
●医師、看護師等の欠員について、現状と見通しがどうなっているのか。また、二人の医師体制について、来年度以降も継続的な診療が見込めるのか。

2、防災
●北海道の新しい津波シミュレーションがまとまりました。市の西部・中部地域のほぼ全員が避難が必要となりました。住民の間にはふたつの強い不安があります。高台がない以上、どこかの高い建物に逃げ込まなくてはなりません。自分はどこに逃げ込めばいいのか。もうひとつは、高い建物が近くにあったとしても、地域からたくさんの避難者が殺到することはないのだろうか、結局そこにたどりついたとしても、入り切れないのでないかという不安です。
 こういうことについては、具体的な中身に踏み込んで、手立てを講じて、しっかりとした見通しを持つ必要があります。市は、具体的にはどう考えているのでしょう。また、答弁では、西部地域なら鳥取地域、大楽毛地域、昭和地域など、中部地域なら若草地域、川北地域、愛国地域などを例に、どこの建物には何人ぐらい収容できると見ているのか、対象の地域の人口はどのくらいで、十分に
収容可能なのか、そうではないのか、リアルに示していただきたい。
●少なくとも市の西部・中部地域については、4階建て以上、できれば5階以上の建物を全て洗い出して、どこにどういう建物があって、万が一のときに逃げ込めるかどうか。どの程度の人員が収容できるのか。市の責任で詳細なシミュレーションをすべきではないのかと考えますが、いかがでしょうか。
●音別町について。新行政センターに防災避難機能を持たせて整備するというのが音別町の防災・減災の考え方の基本でしたが、今回のシミュレーションを踏まえてどうなのか。行政センターも含め、防災の基本方針の見直しが必要なのではないか。
●防災拠点施設の整備について。建設場所が、市役所庁舎横と言うことには賛成できません。最大級の津波が来ても被害を受けない生涯学習センター周辺の高台への建設を検討すべきと考えます。答弁をいただきたい。

3、昭和中央土地区画整理事業
●今年の2月議会での答弁以降の賦課金の納付状況、保留地の販売筆数、金額、全体の保留地の売れ残りの筆数、金額を明らかにしていただきたい。
●そもそも組合は、今後どうしようと考えているのか。総会の流会後、市と組合との間でどんな話し合いをしているのか。組合は今後どうしようと考えているのか。その内容を明らかにしていただきたい。
●組合の運営が適切に行われているか、信頼できるチェック機能を有しているのは法的にも許認可の権限を持つ釧路市以外にはありません。市のチェックは、これまで以上にしっかり行われているのか。どんなチェックをして、どんな指摘をしているのか、明らかにしていただきたい。
●総会もできない、理事会、監事、総代会も機能しない組合について、すでに機能停止と判断して、市が業務を引き継いで、賦課金に拠らない解決を目指して、市が清算業務を開始すべきときに来ていると考えますが、
どうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

市立阿寒病院は直営有床診療所を機軸に検討

Photo  今日から9月議会です。私の一般質問は明日ですが、松永征明議員が阿寒病院の問題を質問。

市は、市の直営で有床診療所ーを機軸に検討していくと市の基本方針を明らかにしました。市の直営と言う点は評価できますが、19床以下の診療所で、本当に住民のニーズ応えられるでしょうか。

私も明日、阿寒病院のことについて質問します。あわせて、防災と昭和中央土地区画整理事業について質問する予定です。

120904_151901 (余談)
 昨日の夕方、車が納車されました。中古車ですが、大事に使っていきます。走行距離は2万キロに達していませんので、かなり乗れると思います。と言っても、年間4万キロ走りますので、5年が限界かな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

ホームページが更新できない

 突然、ホームページが更新できなくなってしまいました。どうやら、なんらかの理由でftpパスワードが書き換わってしまったようです。書き換えたつもりはないのですが、パスワードが違いますの表示がでます。

 仕方ないのでプロバイダのカスタマーセンターへ。ftpパスワードの再発行の仕方を設定しなおして、無事復旧しました。でも・・・・なんでだったのだろう?

 もうひと題

 車の買い替えですが、先週車は釧路に届いたのですが、車検証がまだついていない。待ちぼうけをくらっています。でも代車の方が、ちょっとグレードが高いので、もう少しの間、代車を乗ろうと思っています。

 それにしても明日から9月議会です。緊張する・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

雌阿寒岳が噴火する前に知っておきたいこと

 昨日と今朝、阿寒町中央1-3丁目のチラシまきをしました。少し遅くなった6月議会の報告ですが、まだ暑くなる前の時間帯でと思い、せっせと巻きました。日中は、ここ数日は来週からの議会準備に追われて、精神的にも大変です。その意味でも、チラシまきは結構ストレス発散になります。

 さて、昨日、広報くしろとあわせて、「雌阿寒岳とともに生きる    雌阿寒岳が噴火する前に知っておきたいこと」と題するパンフレットが配られました。雌阿寒岳火山防災ガイドブックと銘打ってあります。雌あ雌阿寒岳は我が家からもよく見えますし、ときとぎ噴煙も出している感じですが、火山のことはあまり詳しくはありませんでした。読み物としても結構、興味深い内容です。

 阿寒カルデラは今から100万年前から15万年前に、度重なる噴火で形成されました。10万年前、フップシ岳、フレベツ岳が形成され、5万年前の噴火で雄阿寒岳が生まれます。その後雌阿寒岳も形成され、阿寒湖などが生まれることになります。

 最も火山活動が活発なのは雌阿寒岳です。12,000年前の噴火を皮切りに、たびたび噴火を繰り返しています。阿寒富士の形成は2500-1100年前とされ、ポンマチネシリ山頂部の旧火口は700年前、赤沼火口は400年前にできたばかりです。ごく小規模な噴火は2008年にも記録されています。・・・そうした中身も知ることができました。

 さて、噴火で一番に心配されるのは土石流、融雪型の泥流でしょうか。阿寒湖温泉地区や国道240号線、雌阿寒温泉などの被害が心配されます。最大級の噴火となった場合、阿寒湖温泉地区でも50cm以上の降灰が予想され、火砕流の心配も出てきます。当然地域あげての一刻も早い避難ということになるでしょう。しっかり考えておきたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

いまのフィットネスセンターを見せてもらいました

Cimg2339 9月議会にフィットネスセンターを避難施設に改修する整備の設計委託費が提案されています。3月末にプール機能を廃止、水も抜いて・・・市民検討委員会で賑わいの創出、避難施設としての活用と言う提案が出されました。プール部分については板張りにすることになって、その改修に約3億円が必要とのことでした。

 

 いまのフィットネスセンターについてぐるっと説明を受けながら、石川議員と一緒に見せていただきました。万が一の避難施設としての機能を持たせることに反対するつもりはありませんが、本当にフィットネスセンターの役割りは終わったのでしょうか。3億円もの整備費をかけて板張りにする必要があるのでしょうか。いろいろ考えることもありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎週金曜日の首相官邸抗議行動に呼応した釧路集会

120831_181301  毎週金曜日、首相官邸近くで原発反対、再稼動反対の抗議行動が行われていますが、昨晩、釧路市栄町平和公園で、抗議行動に呼応する形で、釧路集会が行われました。

 東京の行動にあわせて、市民主体の集会という感じで、参加者が各々、自分の思いを3分間ずつ発言しあいました。よびかけ人のみなさんのキャラクターにも支えられ、本当に楽しい集会でした。

原発反対、再稼動反対、TPP反対、オスプレイ反対、消費税反対・・・・野田やめろ

それぞれ様々な思いもあっての発言なのでしょう。こうした流れが大きな一本の川となって、衆院解散、総選挙へ・・・そして国民の願いのかなう政治が実現できるといいですね。

釧路では、毎週金曜日の夜の行動とはなっていないとのことでしたが、来週の金曜日の夜は駅前で集会をするとのことでした。また、昨晩は「デモ割り」と称して、スナック等が集会参加者に飲み物割引セールをしました。あいにく私は車ですので二次会には行けませんでしたが、こうしたことも新たな楽しみになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »