« 福島原発事故から1年 なくそう原発、許すな再稼動、3.10釧路集会 | トップページ | 動画共有サイト »

2012年3月11日 (日)

3.11からちょうど一年

Cimg0560  東日本大震災から一年が経ちました。被災者の両親とのくらしもほぼ1年になりました。避難所で無事を確認できたときのことは忘れません。そして、大切な人を何人も失ったことも・・・・

 自然災害は辛いものです。だれも恨むことはできません。そして、どうして私だったの?その思いが消えることもありません。震災さえなければ、両親は平穏なうちに自分の生涯を閉じていたのだと思います。

 津波で流されたとはいえ、岩手県陸前高田市には両親の土地と田畑がありました。いま、町では震災後の復興だと言って、土地の嵩上げ、高台への集団移転などが考えられ、土地区画整理事業が行われるようです。いまは、土地の再利用について、地権者がどんな意向をもっているのか、二度ほどアンケートがきました。被災した土地を嵩上げしてそこに住むか、それとも高台の土地と交換するか、それとも土地は手放すので金銭に変えるか・・なんとも切ない設問ですが・・・

 両親は、この年になって家を経てることもできません。建てたいと思っても、土地区画整理事業03110001はおいそれと進む感じでもありません。

 向こうの地域の方が、一生懸命努力されていることはよく分かっています。それでも 、ふるさとに帰れない両親を見ていると私も考え込んでしまいます。

 両親は、思い切って被災しなかった市営住宅を申し込んでみました。死ぬときはやっぱり住み慣れたふるさとで・・・そんなことを思っているのでしょう。

 さて、震災の一年目。共産党議員団としても、文苑のビッグ前で街頭宣伝をしました。私は被災地の復興支援、原発の再稼動、釧路市の防災計画の見直し、学校給食の食材の放射能検査、消費税のことなど、20分ちょっとの演説をさせていただきました。

|

« 福島原発事故から1年 なくそう原発、許すな再稼動、3.10釧路集会 | トップページ | 動画共有サイト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3.11からちょうど一年:

« 福島原発事故から1年 なくそう原発、許すな再稼動、3.10釧路集会 | トップページ | 動画共有サイト »