« 釧路市に対して来年度の予算要望書を提出 | トップページ | 今年度の5-11月の政務調査費の中間集計をしました »

2011年12月15日 (木)

市立阿寒病院の存続をもとめる住民集会

 市立釧路国民健康保険阿寒病院のこれからを考える会が主催する「市立阿寒病院の存続をもとめる住民集会」が開かれました。問題が重大な局面を迎えているだけに、関心は強く「えっ!!」と思うような人もたくさん参加していました。会は、12月議会の一般質問で阿寒病院のことを質問した人には、全員参加をよびかけました。

 松永議員は、阿寒湖でアイヌシアターにかかわる会議で出席できずとのこと、結果として私と梅津議員が駆けつける格好となりました。

3 議会報告ということで、私が松永議員の質問と私の一般質問を紹介、梅津さんが自分の一般質問と委員会審議の様子を報告しました。

 参加者からは・・・・

「市長は合併時の病院に関する約束をどう思っているのか」との質問が出たり、

「大病で手術をしたあと、阿寒病院の二人の先生にずっと診てもらっている。救急車で労災病院に運ばれたあとも、阿寒病院に転院させてもらった。風邪をひいたらすぐ市内の病院に行ってしまう人がいるが、私は違うのでないかと思う。まずは、みんなで阿寒病院にかかること。これがないと病院は守れない。民営化して2、3年はいいかもしれないが、民間はやっぱり民間、儲けがあがらなくて撤退したら、阿寒は陸の孤島だ。」

「全国何処でも病院は赤字なんでしょ。赤字でない病院なんてめったにない。三慈会は言いこと言っているけど、鵜呑みにしちゃいけない。なぜ、センター長は民営化にこだわっているのか。裏の事情を知りたい。」

「釧路市の財政規模は1000億円、それで阿寒病院に3億円出している。標茶は財政規模は100億円と釧路市の1/10しかないのに、町立病院には同じく3億円出している。釧路市が工面できないはずはない。結局、三セク債の支払をするために、フィットネスセンターや阿寒病院が槍玉にあげられているんだ。」

など、熱い議論になりました。

 会としては、これから民営化撤回の書名に取り組むことが決められました。これから、熱い冬になりそうです。

|

« 釧路市に対して来年度の予算要望書を提出 | トップページ | 今年度の5-11月の政務調査費の中間集計をしました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

参加したかったのに残念です。どうか真相を明らかにして下さい。先生や看護師さんがやめてしまうのではないかと心配です。早くしないと取り返しがつかなくなりませんか?t署名運動をすぐ開始すべきです
市長やセンター長その他関わっているひとは責任問題です。重く受け止めるべきです。

投稿: | 2011年12月15日 (木) 20時46分

やっと真相がおおやけになり今までのずさんな事務管理、やるべきことをやらないだらしなさ!が暴かれまだ序の口だとは思いますけど、これに関わったであろう議員も含め責任をとることを望みます。普通の神経なら自己責任をとるだろうけどここまで虚偽を言える方々ですので、だらだらされても困ります。来年の選挙や今後の市議選には十分今回のことを考えて票を投じます。少なくとも関わった議員と市長には…?ですかね。

投稿: | 2011年12月16日 (金) 06時20分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市立阿寒病院の存続をもとめる住民集会:

« 釧路市に対して来年度の予算要望書を提出 | トップページ | 今年度の5-11月の政務調査費の中間集計をしました »