« チップ | トップページ | 原発問題を語る »

2011年5月24日 (火)

地震列島になぜこんなに原発が・・・

Img

 世界の大地震の震源地が赤丸で示してあります。いずれもプレートの境界線で発生しているのがわかります。黄色は原子炉です。原子炉が集中しているのは、まずはアメリカの中部と東部。西海岸3箇所ほどは例外となりますが、ほとんどは地震のない地域に立地しています。もうひとつはヨーロッパです。フランスを中心に多数の原発がありますが、ヨーロッパはもともと地震そのものがあのりありません。

世界で一箇所だけ、地震多発地帯に原発が立地している国があります。それが日本です。いかに日本が世界の流れに背を向けているかわかります。原発の安全性を確保するための国際条約には、原発の推進機関と規制機関を分離すべしと定めていますが、日本の原子力保安院は、原発推進、旗振り役の経産省の一機関です。原子力安全委員会には、ほとんど権限も予算も人員もありません。

|

« チップ | トップページ | 原発問題を語る »

共産党の活動」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震列島になぜこんなに原発が・・・:

« チップ | トップページ | 原発問題を語る »