« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

松永ポスターの作成始める

Photo  来年の道議選挙の松永としおさんのポスターの作成を始めました。

 とは言っても、きちんと印刷してもらうのは「北海道機関紙印刷所」という札幌の印刷会社で、しんぶん「赤旗」の印刷をしている会社です。私は、その原案を考えるというポジションなのですが、なかなかセンスがなくて苦労しています。

 写真は専門家に撮影していただきましたが、どうでしょうか?なかなかよいのでないかと自画自賛?しています。でも最初からつまづきます。写真の形式はTIFでした。「TIFってなんなの?」から始まります。jpegやbmp、gifなら分かりますが???
  結局加工できず。(保存形式の問題ではなく、パソコンの能力で、加工可能なサイズではなかったことがわかる)、しかたなしに圧縮してjpeg形式のものを別にいただくことになりました。

 バックは松永さんの好きな「石川啄木」の像を入れるということで、こちらは私が撮影しました。写真をそろえて、編集作業となるわけですが、もともと写真の加工ソフトはあまり使ったことがありません。フォトショップを使ってはみますが、画像の重ね方、レイアーの使用も今回が初めてです。領域の指定で失敗して、幾分、余計な青いところが、顔の周りにできてしまいました。(印刷所では、ちゃんとしてくれるのは間違いないのですが・・・)

 困ったのが、背景を青空の写真にしたのですが、最初は真っ青な青空で、青が強く写真が浮き立ちません。そこで、今度はその写真の明るさとコントラストをいじって、少し薄い青に直しました。画像が決まると、スローガンなどの文字を入れます。書体、サイズ、色などを決めなければならないのですが、なかなかシャープな感じの色に仕上がらず、こちらも四苦八苦。

 校正は、印刷所から「ためし刷り」が出来上がってきてからまた検討することにして、なんとか印刷所への入稿は済ませることができました。ちょっと、一息です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

アイヌシアターの10年間の収支見通し

 昨日、市議会財政経済常任委員会の委員協議会が開かれ、平成24年度から33年度までのアイヌシアターの収支見通しが示されました。収支見通しと言っても、正確さをきしたものではなく、あくまでの現時点の見通しということです。
Photo

 支出について少し説明すると、

人件費・・・2名を雇用、給料3,600、手当588、共済費455.6です。手当も含めた一人当たりの給与は年間209万円となります。

施設管理費・・・水光熱費5,980、除雪や施設の点検などの委託費1,924となっています。

事業費・・・演者への出演料やイベントの経費です。入場料収入が増えるに連れて経費も少しずつ増えていくと試算しています。

その他の経費・・・小規模な施設修理費10万から50万円、宣伝費150万から300万円、事務消耗費、チケットの印刷代などを含まれています。またチケット販売を委託するむ先への手数料400万から460万円も入っています。なお、試算できこの中に加えられていますが、計画修繕費としてその年の黒字分を将来の修繕費に積み立てることになっています。これが会社などでは内部留保に相当するもので、初年度81万円、その後4年間が190万円、その後261万円ずつ積み立てるという計画で、2146万円万円の積み立てができると計算しました。

 なお、施設の運営形態については当初は指定管理者でという考えでしたが、これまで民間でイベントを行っていた経緯をふまえ、民間への無償貸与も検討することになりました。指定管理者にすると入場料などは条例で定めることになりますがみんかんへの無償貸与では、民間事業者が自由に決められます。

 また、万が一赤字になった場合ですが、最悪のケースでも積み立て(計画修繕費)をカットすることなどで赤字になることはないと考えていること、また仮に赤字となっても、市は一切の負担をしないことを契約に盛り込む考えとのことです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

管内の共産党議員団が支庁と交渉

Img_0334  釧路管内の共産党議員が一同に会して、北海道釧路総合振興局に対して要望書を提出、交渉を行いました。総合振興局と言っても、まだまだぴんと来ないのですが、毎年、釧路支庁と住民要望に基づいて交渉していて、今年、支庁が組織改変で「総合振興局」に変わったというわけです。

 私たちの側からは50項目ほどの要望を出させていただき、文書で事前に回答をいただき、細部をつめ、再度の答弁を求める交渉の場です。釧路市議団からもかなりの要望を出させてもらいましたが、今日は道立阿寒湖診療所の医師確保について、私から改めて質問させていただきました。

 今年一月から医師確保のために、募集をしていること、医師会も含めて関係機関に鋭意働きかけているが、まだメドは立っていないとの文書回答をいただいていました。「努力していることは大変感謝しているが、実際のメドはどうですか」と尋ねると、「残念ながら、まだ決まってはいない」とのことでした。阿寒湖温泉地区の住民は約1,500人、年間の観光客が120-130万人になりますから、単純計算でも日々、阿寒湖温泉には5,000人の人がいるということです。阿寒本町地区とは40キロも離れていることもあって、「医師不在は無医村」と同じ状態を意味します。住民の1/3は高齢者と子ども、病院は欠かせません。
 しかも、現在の先生の好意で8月まで診療に当ってもらえることになりましたが、仮にそのあと医師不在となれば、それこそ観光のトップシーズンに医師不在という、観光地としては致命的なハンデキャップを負うことになります。

 「ぜひとも、常勤医の確保に最善の努力をお願いしたい。また、現地も心配しており、釧路市にも適時情報を知らせほしい」と要望しました。担当の方は、精一杯の努力することとあわせ、最悪の場合でも、継続的に医療を提供できることも考えたいとの考えを示しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

小規模多機能ホーム「あさがお」

Img_1572  興津2丁目にオープン予定の小規模多機能ホーム「あさがお」が、オープン前の見学会を実施していて、見学させていただきました。ちょうど場所は、興津のズリ山の向い、日当たりもよく、海も見えます。お向かいの空き地は公園になるという予定とのことでした。

 介護保険の小規模多機能施設ですので、近隣にお住まいの方が登録して、ヘルパー派遣やデイサービス、ショーステイを利用することができます。館内はとても明るい雰囲気で、スタッフの方も、看護師、ケアマネジャー含めて11名が勤務するということで、準備は整ったようです。見学会は昨日から行われ、35名ほどの方が見学に訪れ、利用の問い合わせも結構寄せられているようです。

Img_1571  問い合わせのなかには、グループホームの入所はできないの?というのもあるようです。小規模多機能ですから、「通い」が中心で入所施設ではありません。しかし、特別養護老人ホームにいくら申し込んでも入れない人たちが、本当に困っているということも感じられます。こうした地域に密着した施設が、入所はありませんが、頑張っていただくことが少しでも要介護の方々の支えになるよう期待したいと思います。Img_1569

 さて、この施設ですが「安心」というのもポイントです。壁や柱に免震構造を組み込んで、スプリングのようなもので「ゆれ」を抑えます。震度7でも大丈夫ではないでしょうかと、たのもしいお話でした。バリアフリーのトイレや、浴室なども見せていただきました。
 ショートステイの部屋は7つ、ひとつひとつに「七福神」の名前がつけられています。こうしたところにも、あたたかさがにじみ出ているような気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

ベトナムの報告会終わりました

Img_1561  昨日、新日本婦人の会主催のベトナムの報告会を終わらせることができました。正直、ほっとしています。ベトナムの訪問の写真を紹介しながら、ベトナムの報告をし、あわせて、インドシナ戦争やベトナム戦争のこと、ドイモイ政策などについて、調べた範囲のことをお話させていただきました。

 聞くところによると、この「世界をもっと知ろう」と題した学習会は、今回で4回目。3回は、勤医協の鈴木先生を講師に、アジア、南米、アフリカについて学習、今回はピンポイントでベトナムとなったようです。鈴木先生と比べると、私の話は「さわり」程度のものですが、みなさん熱心に聞いていただきました。

 多少、脱線が過ぎたのか、予定時間をオーバー、石炭の事などはすこし駆け足になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

くしろ若者サポートステーション

Photo  くしろ若者サポートステーションを石川議員と訪ね、北川裕士さん(総括コーディネーター)からお話をお聞きしました。

 くしろ若者ステーションは、厚生労働省の委託を受け、主に15歳から39歳までの無業の方(学校に行っていない、職業訓練を受けていない、収入のある仕事をしていない)、ニートや引きこもりの方も含めて就業・自立を支援しているところです。今年度からは、高校中退者を対象とした訪問などの支援事業にも取り組むとのことでした。昨年度の登録会員は51名、登録会員以外の方も含めて年間1,500人以上の人が「サポステ」を利用していて、月に直すと200名以上の方が利用するようになってきたとのことでした。51名の登録会員のうち、就職など次のステップにつながった方が22名のことでした。職業訓練につながった人は、介護の資格取得が多いこと、就労では、企業も社会貢献の一環としてアルバイトなどの雇用をすすめてくれているともお話してくれました。

(サポステについては、ぜひくしろ若者サポートステーションのHPをご覧下さい。)

 さて、お話を伺って、私が大切だなと思った点を書くことにします。
 まず第一点は、こうした活動が、北大通を舞台に取り組まれていることの大切さです。北川さんは、「釧路の『まち』ってどこだろうと考えると、ここ(北大通)なんですね」と言っていました。中心街の活性化には、こうした人が集えるところ、各種の市民活動の舞台、小規模な福祉施設などが集めること、中心街への居住人口を増やす必要があると言っていましたが、私たちの考えと共通しています。
 「サポステ」の利用者のみなさんも、駅前や北大通の花壇の整備、ゴミ拾いのボランティアに取り組み、地域の方に「ありがとう」「がんばっているね」と声をかけられ、自分に自信も持てるように変わってきました。そうしたことも力になって、国体のときには自分達の資金で「飲食店マップ」を作って地域に貢献したり、「サポステ」主催のクリスマス会には地域の方を招待したりと、地域との信頼も深まってきているとのことでした。利用者の方が、「地域に支えられていることを、なんとなく自覚して感謝するようになってきた」ともお話されていました。地域のコミュニティの再生が必要ともお話されていますが、確かな実践が始まっていることにうれしくなりました。

 二つ目は、今後の「夢」なのですがと断ったうえで、北川さんは、「今後の課題として、利用者の方が今後のキャリアを積める中間就労の場をつくりたい。個人的には、コミュニティーレストランをつくりたい。そこで、地域の困りごとが交流され、それが新たな事業の萌芽にもなれば」とのお話でした。ニートや引きこもりの方にとって、「サポステ」が入口、就職が出口だとすれば、その中間のものということでした。有償ボランティアであっても、仕事を通して社会とつながる事、報酬を得ることが大事なのでしょう。釧路の不況は本当にひどいものです。就職先を探すことは、そんな簡単なことではありません。ぜひ、そうした夢が形になることを期待したいと思います。

 三つ目は、こうした大切な事業ですが、先々の心配があるようです。「若者サポートステーション」に先立って事業化された「若者自立塾(合宿でニートの方たちの自立をはかる事業)」は、先の事業仕分けで廃止となったそうです。地域職業訓練センターもそうですが、国がどんどん手を引いて、必要なら自治体で引き継いでくださいというやり方です。こうした事業は、費用対効果で、成果ばかりが期待されても困ってしまう事業です。北川さんは国が撤退しても、なんらかの形でこうした事業を続けてほしいと強く訴えといました。厚労省がやってているからそれでいいとは言っていられない状況のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月20日 (火)

一年前のベトナムを振り返って

  旅の思い出を振り返ることは楽しいことです。そんな思いをもちつつの「ベトナム訪問の報告会」ですが、それなりにきちんとしたお話もお伝えしなければなりません。感じたままのベトナムと、ドイモイの光と影、日本とのかかわり、石炭などのお話をしようと思い、レジュメや資料を用意し終わったところです。こうして整理する中で、私自身の認識も少し変わってきたようにも思います。

 さて、報告会では、次のようなことをお話しすることにしました。

   

1、ベトナム訪問記(09.6.5-9)

写真を使いながら、訪問団のことを紹介します。

2、ベトナムという国はどんな国か

●戦争による犠牲を乗り越えての独立

 <ベトナムの平均年齢の若さは、戦争なくしては考えられない>

   人口8500万人のうち、40歳未満が8割を占める国

   アメリカ軍の死者58,000人、ベトナムの死者3,000,000

  フランスの植民地からの独立をめぐる闘い

  第二次世界大戦に乗じて、日本が軍事占領(1940-45)

  ベトナム独立同盟が各地で蜂起(八月革命)と独立宣言

  しかし、フランスは独立を認めず、インドシナ戦争へと発展 

  ジュネーヴ協定が結ばれ、フランス撤退、北緯17度線で国土が分断

アメリカが軍事介入、ベトナム戦争が始まる    

  1975 サイゴンは陥落、ベトナム戦争終結

   1978 カンボジアとの国境紛争勃発 

    1979 中国との戦争(中越戦争)

  1989 ベトナム軍のカンボジアからの撤退

●ベトナムの独立を勝ち取った建国の父としてのホーチミン

  国民から敬愛される政治家、民族独立を最優先とした理論的な先見性の発揮

  性急に社会主義を求めるのではなく、民族独立のための統一戦線を提唱

  ホーチミンの遺言を破って、神格化も    

  

●青年達にもしっかり語り継がれている闘いの歴史

3、ドイモイ政策がベトナムをどう変えたか

●カンボジア撤退を境に国際社会に復帰、平和な国づくりの環境が整う

  カンボジア撤退をきっかけに国際的な支援が再開される

 アメリカ(1995)との国交回復       

 中国との国交回復(1991)ASEAN(1996)WTO(2007)への加盟

●ドイモイ政策とは何か

1986.12 「ドイモイ」へ大きく政策転換 

 ①社会主義の達成は長期にわたる過渡期を必要とするとの位置づけ

 ②従来の重工業優先から農業重視への転換(経済発展戦略の刷新)

 ③非効率的な国営化・集団化から、市場経済原理を伴う混合経済体制への移行

 ④自力更正路線から国際分業への参画の必要性

●ドイモイをどう見るか---日本共産党・ベトナム共産党との会談

①市場経済を導入しながら、どう社会主義を志向しているのか

②国、国営企業、協同組合の中で、労働者はどんな地位か

③資本主義の幻想をどう打ち破るか

④マクロ的な経済運営

⑤外資導入に飲み込まれない施策

●ベトナムの経済成長を加速

年間7-8%の高い経済成長率を達成

一人当たりのGDP 188万ドン →  419万ドン                            

配給経済をやめて、貨幣中心の市場経済への転換

●「輸出主導による経済成長」の裏の面も

南北格差、都市と農村の格差の拡大

4、日本・釧路とのかかわり

●ベトナム経済では、日本は後塵

●「ビジネスチャンス」との思いで、殺到を始めた日本企業

●ベトナムの石炭産業と日本

  ベトナムから無煙炭を中心に2900万トンを輸入(全輸入量の1%)

  日本の石炭輸入量は世界一 18200万トン

石炭の安定的な輸入を確保するために日本の石炭技術を産炭国に移すことを目的に炭鉱技術の国外移転

●釧路炭鉱と「産炭国高度化事業」

  釧路コールマインの欠くことのできない事業分野 

  高度化事業の継続を前提として、28年度までの採炭継続の中長期の事業計画

さて、これだけの中身をきちんとお話できるでしょうか?

ちょっと楽観 ( ̄ー ̄)ニヤリ してはいますが、

結構 (。>0<。) 泣きも入っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

参院選にむけて、本格的なハンドマイク宣伝

 4月16日と今日18日、鳥取の後援会のみなさんと一緒に、ハンドマイク・宣伝カーの宣伝に取り組みました。毎朝の定時定点の宣伝にはすでに取り組んでいますが、これは1人っきり、車の往来はありますが、誰が聞いているというわけではありません。しかし、ハンドマイク宣伝は、何人かが組みになって「のぼり」を立てて、目立つようにやっています。

 住宅街で宣伝をしていると、「何事か?」という感じで、表に出てくる人もいます。後援会の方もいて、声もかけてくれます。演説会の案内をしたら、思いがけず、「誰が話をするの?」の声、思わずハンドマイクで「大門みきし参議院議員がお話します」と答えるなど、ちょっとだけ双方向の宣伝にもなりました。この宣伝には、新しい後援会員も協力してくれました。「昔は自民党の選挙活動をやっていたんです」という人ですが、昨年、生活相談を通して仲良くなった人です。「1人暮らしで仲間もいなくて」、というお話を聞いたので、「それなら選挙のお手伝いをお願いできませんか?」というと、すんなりOKしてくれました。行動あとに感想を聞くと、「これまでは自民党や民主党を支持していたけれど、縁があって共産党を知るようになりました。これからの人生は、社会に役立つことをしたいと思っています。ずっと共産党応援していくつもりです。」とうれしい話を聞かせてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

ベトナム訪問とドイモイ

 4月24日に、新日本婦人の会が主催して、昨年のベトナム訪問についてお話しすることになり、資料などをまとめています。目で見た、ベトナムのくらしやドイモイ政策などについても話してほしいということでしたので、その方面の本もかじっています。

 もちろんベトナムに滞在したのは数日間のことですし、ビナコミンの方や日本大使館の方などとお会いしただけですから、ベトナムの全体像を語ることはではきませんが、できるだけ「見たまま」のお話ができればいいかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

教育長に教職員の服務規律等の調査をしないよう申し入れ

20100416  今日、市の千葉教育長に対して、共産党議員団として「教職員の服務規律等の実態調査」を中止するよう緊急の申し入れを行いました。

  北海道教育委員会は市町村の教育委員会に対して教職員の

①勤務時間中の組合活動
②教職員の政治的行為
③長期休業期間中の郊外研修の状況等 ④学校運営等の実態
⑤教育課程の実施状況
⑥勤務実績の勤勉手当の反映に係る実施等の状況
⑦職員団体との関係 の7項目の調査を行うよう求めています。

 この調査は、民主党小林議員に対する北教組の違法献金に端を発したものですが、その内容は、教職員の内面の自由、思想信条の自由を侵す極めて問題の多い調査です。

  「教職員の政治行為等に関する」調査項目には、「カンパの要請」や選挙運動にかかわる「個別訪問」「ビラ配り・チラシ配布」「電話かけ」「支持者カード」などまで調べよというもので、先日の公務員の政治活動について問われた東京高裁判決(社会保険事務所の職員だった堀越明男さんが、公務員の政治活動を禁止した国家公務員法違反で逮捕、一審では、罰金10万円、執行猶予2年の有罪判決を受けたが、東京高裁で逆転無罪の判決が出た。公務員の政治活動について、公務員がその職権を利用して政治活動を行った場合などを除いて、公務員の政治活動の自由を広範囲に認めた。)にも逆行するものです。

 しかもその調査を 道教委ー市教委ー校長ー教員 というタテ線で、場合によっては職務命令を発してまでも調査せよというもので、教職員の分断・不団結を生み出し、学校現場に混乱をもたらしかねないものです。

 そこで共産党議員団として、
1、「教職員の服務規律等の実態に関する調査の実施について」の通知に対して、実施困難である旨の意見をあげていただきたい。
 日本国憲法28条は「勤労者の団結権」を定め、地方公務員法56条は、職員団体の構成員であること等による「不利益扱いの禁止」を、ILO87号条約は「結社の自由と団結権の保護」を定めている。また、ILO・ユネスコ「教員の地位に関する勧告」には、「教員団体は、教育の進歩に大きく寄与するものであり、したがって教育政策の決定に関与すべき勢力として認めなければならない」(9項)と規定しており、道教委の調査は、これらの権利規定を侵害するものである。さらに、「公務員」だという理由で政治活動全般に制限を加える方向に「作用」する調査は、最近の判例に反するものであり、実施しないこと。

2、市教委は教職員団体との「誠実な協議」をおこなっていただきたい。
 「通知」と同日付でだされた「連絡文書」には、「今回の調査に関しては、一切交渉に応じる必要はありません」「職員が聞き取りを拒否した場合は、教育委員会および校長の判断により職務命令を発することも可能」と、一方的・高圧的な態度で臨んでおり、教育現場にふさわしくないものである。
 市教委が、教職員団体と教職員との話し合いを拒絶するとすれば、「学校教育にたいする道民の信頼を確保する」ことにはならないのは明らかである。よって、当事者間で誠実に話し合いを行うこと。

の2点を申し入れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

失業者向け、働きながら介護の資格が取れます

北海道が今年度実施している「介護雇用プログラム」の内容が分かりました。失業者が半年から1年間、介護施設で働きながら資格を取るという緊急雇用支援策です。釧路市に関係する部分を紹介します。

1 事業の概要・目的 
 ・介護保険サービス事業所等が、福祉・介護の仕事に関心のある、現在失業されている方を雇用します。
 ・雇用された方は、介護の仕事をしながら、介護福祉士又はホームヘルパー2級の養成講座(学校)に通い、資格の取得を目指します。
 ・養成講座(学校)の受講中も勤務時間に含まれ、賃金の支払い対象となるため、働きながら介護の資格を取得することができます。
 ・これにより、介護分野における雇用創出と介護人材の育成確保を図ることを目的としています。

2 実施主体 
  北海道(介護保険サービス事業所等に委託)

3 委託先 
  知事が適当と認めた介護保険サービス事業所等

4 委託(雇用)期間 
  介護福祉士コース   ~ 1年間(契約更新して最長2年間まで)
  ホームヘルパーコース ~ 6ヶ月

5 雇用対象者及び雇用予定数 
 (1)対象者
    失業中で、介護等に関する資格を持っていない方
 (2)雇用予定数
    介護福祉士コース   ~ 90名
    ホームヘルパーコース ~ 100名

6  実施箇所(釧路市分)

法人名 施設名 住所 人員 就業期間
<介護福祉士コース>
社会医療法人孝仁会 老人保健施設星が浦 星が浦大通3丁目9番35号 2 4月~3月
(株)リハビリサポートまこと 小規模多機能居宅介護まこと 貝塚2丁目6番24号 1 4月~3月
(株)ベナレス 多機能型グループホームかおり 鳥取北3丁目12番10号 1 4月~3月
<ヘルパーコース>
(有)カネス デイサービスセンター歩々 昭和中央6丁目20-1 1 4月~9月
NPO法人 和 小規模多機能ホーム          おたっしゃサロンなごみ 愛国西2丁目5-20 1 4月~9月
共生型多機能施設コロイ 阿寒町阿寒湖温泉2丁目5-2 1 4月~9月
島屋ゴマサーカス 新栄町1-13 1 4月~9月
(株)リハビリサポートまこと 小規模多機能居宅介護 まこと 貝塚2丁目6-24 2 4月~9月
  ニチイケアセンター釧路西 星が浦大通3丁目1-5 ※1 4月~9月
(株)ニチイ学館 ニチイのほほえみ釧路中園 中園町4-10 4月~9月
  ニチイのほほえみ釧路昭和 昭和中央6丁目31-18 4月~9月
  ニチイのきらめき釧路 星が浦大通3丁目1-5 4月~9月
※1 ニチイ学館の定員は、全道あわせて51名になっています

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年4月14日 (水)

お弁当 のお話

04140001  先日、共産党の事務所で、女性の議員さんから、「村上さん、お弁当持ってくるなんてえらいね」と言われました。そこで、

「実はお弁当と言っても誉められた話じゃないんです。娘が高校生にもなっても、お弁当作らないもんだから、私がつくって、その付け足しで自分の分を作っているだけなんです。」

そうすると、「お父さんが甘いから」と笑われてしまいました。
 「あげくの果てに、娘から『勉強するのと、お弁当つくるのと、どっちがいい?』と迫られて、あえなく私が弁当をつくる羽目になったんだ」と笑い話に、花が咲きました。
 それにしても、こんにお料理ができなくて、娘の将来がとても不安です。

 そんな昨今なのですが、娘が、突然、「週3回は自分で弁当つくる」と言い始めました。どうやら、お父さんのお弁当の見栄えが気になるようです。「そんなこと言っても、どうせ起きられないじゃないの」と、私は不安げなのですが、今朝は私よりも早く起きて作っていました。ただし、自分の分だけ。結局、私の分はそのあと自分でつくったのですが、娘が作ったお弁当の写真です。1年のときは、お弁当作りは2週間で音を上げたのですが、今回はいつまでもつでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共産党の地方議員

 昨日のブログの続きです。

 政党別の地方議員数は
自民党 3,048人
共産党 3,026人
公明党 3,008人
民主党 1,534人
社民党  450人
と、共産党、自民党、公明党が3000人と拮抗、それ以外の党を大きく上回っています。

また、政党公認の議員のいる自治体の全自治体数に占める比率は
共産党 79.6%
公明党 65.4%
自民党 20.6%
民主党 16.7%
で、共産党が第一党です。まだ、議案提案権のある自治体の比率でも共産党は47.1%と第一党です。

 国会議員では、二大政党や公明党には及びませんが、地方議会では確かな自力を発揮しています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

共産党が全国都道府県委員長・地方議員・候補者会議

 今日、東京の党本部を会場に全国都道府県委員長・地方議員・候補者会議が開かれ、松永としおさんも参加しています。残った議員や支部の幹部を中心に、午前中、志位委員長の報告をCS放送で視聴しました。地方議員の活動にふれた以外について、報告のポイントを紹介します。

<情勢をどうつかむか>
○後期高齢者医療制度、派遣労働、普天間問題、核密約、政治とお金の問題などが、自民党政権に対する厳しい批判となって、民主党政権を誕生させる原動力になりましたが、肝心のこれらの問題で、民主党は国民を裏切りました。これが民主党の支持率の急落の要因です。

○しかし、民主党の支持が急落しても、自民党に支持は回帰していません。国民は、①自民党政権はもうごめん ②民主党にも裏切られた という思い、つまり二大政党に丸ごと不信と批判を強めています。

○新党が名乗りを上げていますが、みんなの党は「小泉改革は不徹底に終わった」といい、たちあがれ日本は、消費税増税を公約しています。自民党から離れた公明党は野党としての存在意義を強調していますが゛、与党として自民党と連立した責任については口をつぐんでいます。いずれも、これまでの自民党政治をどう変えるのか、その旗印を示すことはできません。

○大規模な流動化が起きています。農協、森林組合、医師会など強固な自民党の支持基盤だったところは、全方位のスタンスに変わりました。元連合会長の笹森清氏は、民主党が後期高齢者医療制度を存続させたことを厳しく批判しています。弁護士会が主催した派遣労働法の改正に関る集会で、民主党の議員は、「弁護士会の資料をよんで与党の派遣労働法改正案に多くの問題点があることがわかった。はずかしい、申し訳ないと」謝罪する場面も生まれています。

○民主党を政権に押し上げた後期高齢者医療制度、派遣労働、政治とお金のことは、文字通り、日本共産党と国民のたたかいで国政の焦点に押しあげたものです。共産党の政策が一番いいと考える国民も増えています。日本共産党への疑問や意見もよく聞き、党への思いを語り広げることが大切です。

<参議院選挙をどう闘うか>
○民主党が選挙区に複数立候補を積極的にすすめるなど、新たな様相となっています。共産党は比例を軸にという方針を堅持しつつ、選挙区選挙の取り組みを抜本的に強めることにします。

○ ①東京選挙区での議席の絶対確保 ②すべての複数区が本腰を入れて議席獲得に挑戦する ③1人区も議席を争う構えで闘う ことにします。

○選挙勝利を保障するためには、今が勝負どころ、局面を打開する大奮闘が求められています。全党がただちに臨時の選挙態勢を築くの大切です。支部の総決起をかちとる要は、全党員に大会決定を徹底すること、毎週の支部会議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

昭和中央土地区画整理組合、理事・監事の選挙は無効と組合に伝える

 昭和中央土地区画整理組合の総会について、市の担当者からお話をお聞きしました。総会で理事4人、監事1人が選出されたことになっていますが、選挙の時点で定足数を割っており、選出が有効なのかどうか・・・総会の場でも疑問が出されていました。

 組合の事務局長は、一端 総会の成立宣言を行えば、その後定足数に足りない状態となっても議決は有効の一点張りで強引に進めたのはご存知の通りです。市として、その後いろいろ調べたようですが、最終的には、「いかなる場合であっても、定足数に欠けた時点で総会は不成立となり、その後の議決は無効と判断した。そのことはすでに組合にも伝えた」ということでした。つまり新たに選出された理事・監事は全員選出されなかったということであり、総会は事実上、何も決められなかったということです。白紙に戻ったわけですから、再度のやり直しが必要になります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

09年度の政務調査費がまとまりました

 09年度の共産党市議団の政務調査費のまとめができましたので、報告します。

交付額 1,920,000円(議員1人48万円を交付)

執行額 1,741,450円(執行率90.7%)
            執行残178,550円は銀行利息とあわせ、市に戻します。

使途別内訳
Photo_2

少し、内容を紹介します。

研究研修費  312,860円
●今年は以下の7件の研修会に参加しました。
女性議員サミット 高崎市、公共事業の現状と将来を考えるシンポ 札幌市、議会基本条例研修会 釧路市、市町村議会議員研修会 奈良市、中央社会保障学校 秋田市、北海道女性議員協議会(負担金)、地域密着型福祉全国セミナー 釧路市

広聴費 8,480円 
●2回の市政報告会・懇談会の会場費14,620円とその案内の郵送費1,080円です。

広報費 868,699円
●市議団だより 定例会ごとに市議団だよりを発行(4回)、その作成費 595,000円
●ホームページ管理・更新費  120,000円(月1万円で業者に更新・管理をお願いしています)
●各議員の議会報告紙作成費 98,700円(各議員が自前でつくっている議会報告紙の紙代、インク代などです)
●2月議会の代表質問で使ったパネル作成費 54,999円

事務費  238,595円
●事務消耗品 54,659円
●電話代 85,481円
●ネットプロバイダ料 34,116円
●パソコンインク・備品・修理・ウィルスソフト費 49,429円
●NHK受信料 14,910円

資料購入費 298,376円
●書籍代  202,096円 
●新聞代 96,280円

調査旅費 14,440円
●住宅リフォーム条例(富良野市)の調査費用です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

きれいな富士山は見えず

 短い春休みの休日を終えて、今日北海道に帰ってきました。行き同様、帰りも飛行機は結構揺れました。天候が安定していないのかもしれません。羽田は雨模様でしたが、北海道につくと雨はすっかり上がっていました。釧路空港をあとにして、まずは子どもの制服をクリーニングに出していたので、それを受け取り、ペットホテルに預けていた3匹の犬たちを受け取りに行きました。3人3様というか、それぞれの犬にも性格があって、会うなりうれしくて、ペットショップのケージを飛び越えてきて抱きつくのもいれば、おとなしくペットショップの店員さんに抱っこされて出てくるのと様々です。みんなそろったところで、いざ我が家へ。やっともとの生活に戻れました。

 それにしても残念だったのが、富士山がすっかり雲に隠れて見ることができなかったこと。富士山は次の帰省まで、先送りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

静岡県の春休み

静岡県は北海道よりは暖かいとはいえ、富士山の麓は結構肌寒い気候です。しかも北海道と違い、ガンガン、ストーブをたくわけでもないので、部屋の中でもダウンのベストを着ています。
久しぶりの里帰りなので、あっちこっちの親戚にご挨拶、身体を壊して入院している方もいて、二カ所程、お見舞いにも行きました。沼津や三島の近くの清水町という所にある病院でしたが、ここまで来ると桜も満開、暖かさも違います。道路ぞいでは共産党がハンドマイクの宣伝をしていました。ここでも参議院選挙にむけた草の根からの活動が広がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

御殿場に着きました

今日、東京地方は大変な突風、かなりの飛行機が欠航しました。幸い、私たちの乗った飛行機は、結構揺れて、遅れはあったものの、無事羽田空港に着きました。
御殿場までのバスにはちょっと時間があります。ゆっくり中華の昼食、あとは喫茶店に寄ったりと時間をつぶしました。
なんとかバスに乗ると東海道沿線はそちらこちらで桜が咲き誇っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »