« 春休みは御殿場で | トップページ | 国保料、市民の暮らしは? »

2010年3月16日 (火)

やっと一般質問をHPにアップしました

 2月議会の一般質問について、HPへのアップが終わりました。あわせて、常任委員会のうち先議分の主な質疑も載せました。

http://homepage3.nifty.com/kazushigemurakami/1002gikai.html

 今回の質問で、ぜひみなさんに見ていただきたいのが、介護保険の世帯分離です。市の答弁にもありましたが、

ご主人の年金が月24万円、奥さんの年金は国民年金だけで5万円、奥さんだけが特別養護老人ホームに入所をしている。特養は個室ユニット、こうした場合には、おおむね利用料、本人負担は月額でどのくらいになるのか。
  所得階層は第4段階で、128,000円ほどになる。
奥さんの住所のみ特養に移し、世帯分離をした場合には、どんな軽減制度が使えて、結果として本人負担はどのくらいになるのか。
  第2段階に該当し、42,000円ほどになる。

という実態です。知ると知らないのとでは大違い、誰でも世帯分離をしたほうがよいというつもりはありませんが、かなりの方が利用料を大幅に軽減できます。世帯を分ける条件は二つ、住所が別か、生計が別か です。このどちらかの条件に当てはまれば、世帯分離して構いません。生計が一でも、奥さんが特養に入所したら、それだけで住所は別になりますから、適用されます。逆に言えば、世帯分離(住所を別にする)をしても、生計を一とすることができますから、そのときにはご主人の税金の申告では、配偶者控除なども使えるというわけです。

 機会を見て、ケアマネジャーなどにも周知したいとも答弁しました。ただし一方では、あくまで自己責任とも答弁しています。申請するかどうかが自己責任なのは当たり前ですが、制度を知らなければ申請できませんし、制度を知らないことまで「自己責任」とすることはできません。

|

« 春休みは御殿場で | トップページ | 国保料、市民の暮らしは? »

市政と市議会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと一般質問をHPにアップしました:

« 春休みは御殿場で | トップページ | 国保料、市民の暮らしは? »