« インフルエンザが猛威 | トップページ | 愛犬のカット »

2009年10月18日 (日)

昭和中央土地区画整理組合が督促状送付、過怠金の賦課へ

090511_13330001  昭和中央土地区画整理組合が賦課金未納者に督促状を送ったと知らせてくれる人がいて、督促状のコピーを届けてくれました。

 賦課金の納付がきわめて低調なのはすでに明らかになっている通りです。第一回の納付期限に払った人は27%にとどまりました。実数では280人ぐらいでしょう。このうち、清算金が未交付となっていた人とは相殺していますから、その人数が120人ぐらい?

 これを考えると、実際払ったのは160人ぐらいになるのですが、分割納付の申し出が128人あったはず。そうすると一括払いの人は30人足らず????どうしても数が合いません・・・つまり分割納付を申し出た人の中からも、少なくない未払いの人が出ているということなのでしょう。もちろん、その後も一定の納付があったとは思いますが・・・

 組合はその後、先月末から今月初めにかけて3回の説明会を新たに開催しました。参加者は一回目32人、二回目29人、三回目23人です。ここでも未納者の多くは、ボイコットを決め込んだようです。(私自身としてはぜひ参加して、自分の意見を述べて欲しかったと思っているのですが)

 今回の督促状は、説明会の報告とあわせ、10月30日を最終の納付期限として、それ以降は10.75%の過怠金を課すというものです。かなり高額の利子をつけて、早期に賦課金を回収しようということなのだと思うのですが。

  延滞金を課すなら、2回目の納付期限が来てからと思っていましたので、正直びっくりしてしまいました。未納者が1割、2割までになったいうなら分かりますが、7割近い人に延滞金を課すというのです。延滞金が効果を出すのは、あくまで未納者が少数の場合だけです。いくら高利をふりまわしても、これだけの未納者がいたら、かえって「頑な」にさせるだけです。例えは悪いですが、「赤信号みんなで渡れば怖くない」みたいな話です。組合と組合員との離反が決定的にならなければよいがと思っています。

|

« インフルエンザが猛威 | トップページ | 愛犬のカット »

市政と市議会」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 履歴書の添え状 | 2010年8月11日 (水) 20時36分

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 履歴書の添え状 | 2010年8月11日 (水) 20時36分

この記事へのコメントは終了しました。

« インフルエンザが猛威 | トップページ | 愛犬のカット »