« 議会が終わって休日のはずが | トップページ | 上半期の政務調査費の使途 »

2009年10月 5日 (月)

振り込め詐欺・架空請求にご用心

 今日の相談ごとのなかに、架空請求・振り込め詐欺がありました。
 幸い、警察にも相談し事なきを得ましたが・・・・

 最初、NPO法人生活保全情報センターというところから、債権の相手先が未払いのため、簡易裁判所に訴訟を申し立てましたという通知が送られてきました。わざわざ「身に覚えがなくてもなくても必ずご連絡ください」と書いています。
 心配になって書いてある電話番号に連絡すると、「日本プレシャス」という会社があなたに布団を売って、代金が払われないので訴訟を起こしたとのこと。本人は、そんなものを買った覚えはないと言っても全く取り合わず、弁護士に頼まないと大変なことになると言って「あさひ総合法律事務所」なるところを紹介します。
 この弁護士事務所に電話をかけると、後日、弁護士事務所から、弁護の引き受けの受任契約書が送られてきて、改めて、弁護士事務所から電話が来て、相手側と交渉しているが、とりあえず50万円払うことで決着したので、すぐATMで送金しろというものでした。

 調べてみると案の定、生活保全情報センターは、架空請求の送り先として消費生活センターが注意を促しているところでした。弁護士の名前も語って、それらしく振舞って、国民の心配につけこもうということのようです。用心に越したことはありません。

|

« 議会が終わって休日のはずが | トップページ | 上半期の政務調査費の使途 »

共産党の活動」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。