« 6月議会への提出議案の説明 | トップページ | 市税条例の一部改正案 »

2009年6月 2日 (火)

盲導犬とパピーウォーカー

I  パピーウォーカーって聞いたことがありますか?
 盲導犬が生まれ、親イヌから離れると、パピーウォーカーの家で、一年家族として過ごすことになります。1歳未満の子犬のかわいらしさは、はんぱではありません。・・・我が家の駄犬も本当にかわいかったです。今でも、十分、かわいいですけど・・・
 人間の愛情を受けながら、盲導犬は人間の暮らしを初めて体験、「人間が信頼にたる生き物」であることを学んでいきます。パピーウォーカーへの信頼と愛情が、その後、盲導犬として成長していく糧となるわけです。

 先日、私が所属している「網膜色素変性症協会」で盲導犬体験会を行ったことは、ブログにも書きましたし、私のHPの「ワンちゃんたち」というページに特集を載せています。盲導犬サマーの動画も貼ってあるのですが、実はその動画にコメントがつきました。サマーを育てたパピーウォカーの方でした。盲導犬の卵が1歳になって、盲導犬の本格的な訓練を受けるようになると、盲導犬はパピーウォーカーとサヨナラです。りっぱな盲導犬になってねという期待とともに、子どもと逢えなくなる寂しさがあるといいます。その方が、ひょんなことから私が投稿した動画を見つけてくれ、久しぶりのサマーの勇姿に感激していただいたみたいです。
 こうしたパピーウォーカーのみなさんがいて、初めて視覚障がい者は盲導犬を利用できるんですね。

http://homepage3.nifty.com/kazushigemurakami/moudouken.html

|

« 6月議会への提出議案の説明 | トップページ | 市税条例の一部改正案 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盲導犬とパピーウォーカー:

« 6月議会への提出議案の説明 | トップページ | 市税条例の一部改正案 »