« 4月の大雨で増水の心配 | トップページ | 虫歯が痛い »

2009年4月26日 (日)

VINACOMINラム副総裁歓迎会

090426_18360001  ベトナム石炭鉱物工業公団(VINACOMIN)ブー・タイン・ラム副総裁が来釧し、歓迎会が26日開かれました。釧路コールマインを存続させるためには、ベトナム・中国の研修生受け入れ(産炭国高度化事業)が今後も継続できるかどうかが、大きな分かれ目となっています。
 今年早々、コールマインの中島社長がベトナムを訪問した際に、ベトナム側は、日本に対して研修事業を今後も継続するよう要望しています。このことが、国を大きく動かしていることは間違いありません。

 事業が継続できるかどうかは、今後の概算要求にかかっていますが、ベトナム側の窓口であるVINACOMINの副総裁が来釧したことは大きな意味があります。ラム副総裁は、歓迎会の挨拶の中でも「NEDOに研修事業の継続を要望している。私の感想では3年は継続されるものと思っている」との発言もしています。ベトナム、そして釧路から、研修事業の継続の声を日本政府にあげていくことが必要です。
 

 さて、研修事業ですが、九州での研修事業が縮小され、釧路に集約されるとの報道もあります。そうすると、これまで池島で行われていたインドネシアの研修も釧路でということになるのでしょうか。そうすれば、釧路の役割はますます大きくなります。情報をよくつかみ、適切な対応が必要です・・・・

|

« 4月の大雨で増水の心配 | トップページ | 虫歯が痛い »

市政と市議会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VINACOMINラム副総裁歓迎会:

« 4月の大雨で増水の心配 | トップページ | 虫歯が痛い »