« 釧路港の経済効果 | トップページ | 市議会真っ最中 »

2008年6月10日 (火)

消費者協会、後期高齢者医療制度

 今日は、一日、阿寒町での活動でした。午前中は、消費者協会の例会に参加しました。釧路の消費者協会には以前から参加していましたが、阿寒町民でもありますので、阿寒の消費者協会にも参加させていただくことにしました。紹介も済ませて、議論は7月に取り組む「牛乳・乳製品の普及拡大」の取り組みと、道の消費者大会のツアーのことでした。消費者大会は、ちょうど、9月議会とぶつかるみたいで、パスしなければならないようですが、7月の企画は、牛乳をつかった料理をつくるみたいで、私も参加するつもりです。主婦の皆さんと、台所に立つと邪魔になりそうな感じですが・・・・

 お昼は、舌辛川の護岸調査です。先月の集中豪雨で舌辛川が増水、水が引くと、新しい護岸工事の現場がほとんど、土砂で埋もれていました。川に親しむことと、災害対策で、親水機能をもった護岸をつくっているはずが、一回の大雨で、全部土砂の下というのでは、なんとも心配です。ぜひ、議会の中でも、お聞きしたい点と思っています。

 午後は、勤医協友の会が主催する「後期高齢者医療制度」の学習会です。阿寒町行政センターから3人来ていただき、勤医協の田中博修さんのお話を聞きました。その中身は、明日からの市議会での質問に生かせそうです。

|

« 釧路港の経済効果 | トップページ | 市議会真っ最中 »

共産党の活動」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費者協会、後期高齢者医療制度:

« 釧路港の経済効果 | トップページ | 市議会真っ最中 »