« 強制連行犠牲者の遺骨をめぐって | トップページ | 給食の異変 »

2008年6月22日 (日)

弟子屈町で

St2c0015_2  ちょっと用事があって、弟子屈町まで行ってきました。

 釧路川の両岸に、水郷公園と湯の島公園があって、町民、観光客の憩いの場になっています。二つの公園をつなぐ人道橋「なんだろう橋」は木造、3億円も経費をかけたそうです。橋のたもとに、水車小屋や東屋を配してなかなか風情はあるのですが、それほどにぎわっているわけでもありません。もちろん、観光のトップシーズンではないのかもしれませんが、阿寒湖と同じように、観光客誘致には苦戦しているようです。

St2c0014 かつては賑わいの拠点のひとつだったヨーロッパ民芸館も昨年から閉鎖、さびしいそうに展示品のアンティーク家具やオルゴール、時計が『売り』に出ていることが注意書きで書かれていました。

|

« 強制連行犠牲者の遺骨をめぐって | トップページ | 給食の異変 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弟子屈町で:

« 強制連行犠牲者の遺骨をめぐって | トップページ | 給食の異変 »