« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

ローストビーフ

 大晦日のオードブルづくりで、牛のかたまり肉でローストビーフを作ってみました。本当の作り方はもっと難しいのでしょうが、新聞に簡単レシピが載っていたので挑戦。

 子供にも好評です。とくに、赤ワインと肉の煮汁?でつくったソースがおいしいみたいです。私のレパートリーのひとつになりました。我が家の二人と犬三匹の大晦日の風景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

ちょっと早めのお正月気分

071230_07340001  大晦日まで仕事が入っていて、正月3が日もぽつらぽつらと仕事が入っています
。そんなわけで、年賀状書きをのぞけば正月らしい準備もほとんどしません。それならばと、ブログの背景だけでも、お正月らしくしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

この冬初めての雪かき

071230_07170001  今日の昼前から釧路は雪模様。初めてまとまった雪になりました。少し早めに職場を後にして、家路に。家に帰ってびっくり。釧路の倍以上の雪が阿寒では積もっていました。夜になると、重たい雪で、運転もままならないほどに。明日を朝を待っていられず、この冬初めての雪かきです。とりあえず、車のとめてあるところから、道路まで車が通れる幅で雪かき、続いて、車のところから玄関まで人が通れる幅で雪かきしました。

 それにしても思うのですが、北海道生まれで雪かきに慣れている人は、庭の隅々まできれいに雪かきをします。雪かきした雪山をどこに捨てているのか、不思議でなりません。我が家の雪かきの惨状は、真冬になると庭に大きな雪山が二つも三つもできます。雪かきのあとも汚く、あちこちでこぼこで雪も残っています。

 今回は、ちょっとだけの雪かきなので、庭には積もった雪が一面を覆っています。今晩も雪が降り積もるようなら、明日の朝も雪かきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

冬の阿寒湖

071228_11340001071228_11210001   今日は、阿寒湖温泉地区に、宮内さとしさんのチラシと市議団だよりのチラシを配布しに行ってきました。

 そのときに、撮った写真です。

最初の写真は、氷結した阿寒湖です。遊覧船の桟橋の向こう側に見えるのが、雄阿寒岳です。手前には、おそらく温泉水が流れ出しているのでしょう。凍らずに、わずかに残った湖面で、鴨が羽を休めていました。

 次の写真がアイヌ部落です。平日の昼間だったので、観光客は少なめでしたが、久しぶりに訪ねてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

市長に予算要望書を提出

 今日、来年度の予算編成にかかわる共産党の要望書を市長に提出しました。(その内容は、ぜひ日本共産党釧路市議団のHPでご確認ください)

 今日の市長は上機嫌、「100億円もお金があれば何でもやるんですがね」と軽口をたたいていました。灯油高で石炭が見直され、釧路炭鉱の採炭量がふえていることなど、明るい面も明らかになりました。

 それにしても、衆議院選挙の北海道7区の候補者の一人として名前がとり立たされている伊東市長。その胸のうちはどうなのでしょう。市政に専念しなければという市長の言葉を額面どおり受け取っている人はいません。場合によっては、予算編成、予算審議のさなかに、市長辞職もありえます。そうすれば、総選挙だけでなく、釧路市長選挙も日程にのぼってきます。こうしたときこそ、野党としての共産党の真価が試されるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

灯油高に悲鳴

 原油価格高騰が冬本番の釧路の市民生活を襲っています。どこへ行っても「灯油が高くて大変」の声が渦巻いています。

 ここにきて、政府は低所得の家庭に対して灯油購入の助成と運輸、漁業者の支援の枠組みを決め、今日閣議で決定されました。釧路市は、福祉灯油を長く続けてきましたが、途中で「ぬくもり助成金」に名称を変更、いまや助成額はわずかに3000円、市民税非課税の単身高齢者や障がい者、母子家庭などに支給されています。市は、この灯油高で、助成額を3000円から4000円に変更しましたが、4000円では灯油2缶がやっと、あてにもなりません。

 政府が決めた内容は、灯油の助成については詳細は市町村で決めるとのことのようです。対象者の拡大と助成金額の引き上げが、切実に望まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

大楽毛川の河川改修にともなって

12   阿寒川の支流に大楽毛川という川があり、大楽毛西1丁目の団地の北の縁を流れています。この川がなかなかの問題で、阿寒川が増水すると、阿寒川から水が逆流、大楽毛川の水位が急にあがり、住宅地との境の土地を蛇行しながら削ってしまいます。家屋の近くまで、川が迫り、心配されていました。何度か議会で取り上げた河川なのですが、そうした心配がないように蛇行部分を直線化(ショートカット)して、土を大きくもることにしました。先日、その工事が終わり、曲がった川が最初の写真のように変わりました。

 そこで、新たに生まれたのが、次の写真の土地です。かなりの河川敷用地が生まれました。法面には芝生を貼り付けましたが、それ以外は裸地、雨が降れば土が流れでるようだし、一方、広い平らな土地で、遊ばせておくのももったいない感じです。地域の住民から、「木などを植えたらどうだろうか」「バスケットのリンクを置いて、遊び場にできないか」「家庭菜園に使えないか」などの意見が寄せられ、実際に見て回りました。安全性に留意しながら、土地の保全と活用を市と相談していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

政務調査費の協議が大詰め

 市議会に設置された「議会改革協議会」の政務調査費に関する協議が、いよいよ最終段階に入りました。まず、金額ですが、共産党議員団としては、月1万円の減額を提案、大幅減額を提案した会派もありましたが、ほぼこの水準近くで合意するのではないでしょうか。使途については、使用できないものにガソリン代、携帯代なども含めることが決まりました。事務所費や恒常的に雇用する人件費についても使えないとのことになりそうです。・・・もめたひとつは、政党機関紙を議員控室で購読した場合、資料購入費としてそれが認められるかどうか。私は、それはかまわないと主張しましたが、大勢は反対でした。また、海外への渡航、姉妹都市への訪問交流も含めてですが、これに使えるかどうかはまだ結論は出ていません。

 情報公開については、収支報告、視察報告などはホームページにも掲載し、議会図書室でも、情報公開コーナーでも閲覧できるようになりそうです。共産党議員団の考え方は、私はホームページで見解を示しています。まだ一足先に、日本共産党釧路市議団のホームページでは、今年の政務調査費の使途と視察報告をアップしていますので、そちらもご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

年賀状

 やっと、年賀状を書きました。選挙区の住民には、年始の賀状を出すこととはできませんので、私とかみさんの親戚筋が中心です。賀状だけのお付き合いとなっている方も多いのですが、・・・・

今年は帰省しないので、賀状だけで許してもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

ワンたち

ワンたち
ワンたち
ワンたち
今日は取り立てて書くことがありません。そこで犬たちのアップの写真をとりました。そらは動き回ってなかなか撮らせてくれません。一方チッブはほとんど動かず、はなは私の顔を舐めようと突進してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

保母先生の講演会

Photo_3    共産党議員団として、来年1月23日、午後2時から保母武彦先生を招いて、記念講演会を行います。保母先生は、合併せずにがんばっている全国の市町村をたずね、地域づくりをサポートしている先生です。数年前にお呼びして、お話を伺ったこともありましたが、今の財政困難な中で、どんな地域をみんなでつくるか・・・示唆にとんだお話を伺えると思います。ぜひ、みなさんもお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

議会も終わって

 12月議会も終わり、12月議会の質問内容や、12月議会の取り組みを広報する「村上かずしげ通信」も、ホームページに掲載しました。議会最終日に私が行ったガントリークレーン設置の補正予算への反対討論もアップしました。「村上和繁」のホームページ(このブログの左側のHPのところをクリックしてください)をご覧下さい。

 さて、12月議会が終わると共産党は、本格的な年末の活動です。一番は、しんぶん「赤旗」の購読を広げること、二つ目は年末を乗り切る財政づくりです。共産党は、議員ががんばってなんぼのもの・・・みたいなところがあるので、大晦日まで無休の活動です。明日は、早速中標津町へ、大森議員と行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

12月議会も本会議の採決を残すだけ

 明日が議会最終日、再度本会議が開かれ補正予算や議案に対する採決が行なわれます。共産党議員団は、ガントリークレーン設置への反対討論を私が、図書館の指定管理者への反対討論を梅津さんが、国保料引き下げを求める請願への賛成討論を石川議員が行なう予定です。今日の各常任委員会での採決で、本会議の可決・否決については、事実上確定していますが、最後のねばりが明日の討論です。

 ちなみに、市側が提案した補正予算、議案に対して反対したのは共産党だけで、民主党などがつくっている会派も含めて賛成で、可決されることが濃厚です。(共産党が反対したのは5つの議案で、賛成したのは16の議案でした)とくに、図書館の指定管理者については、民主党などの会派(市民連)も「これでは採決できない、取り下げるべき」と主張していた以上、「はい、賛成です」と言って、納得されるのか疑問の残るところです。国保料引下げの請願は、残念ながら共産党以外はみんな反対で、不採択となりました。

 明日の本会議終了後、議会改革協議会が改めて行なわれ、政務調査費を中心とした議論がされることになっています。もう、ひとがんばりです。でも・・・・どっと、疲れが出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

図書館の指定管理者問題で答弁が支離滅裂

 来年度から、釧路市立図書館に指定管理者(全面委託)を導入する議案が提案されています。本会議の一般質問で、共産党の梅津さんが、総務文教常任委員会で大森さんが厳しく撤回を求めて論戦しています。

 そのなかで、図書館長が決まってもいないのに、「TRCという図書の流通業者が指定管理者となれば地元の本屋さんは大変になる」「そうならないように地元の会社に指定管理者になってくれるよう頼んで、OKしてもらった」など、勝手に話を進めていたことが発覚しました。本会議の梅津さんの質問には、教育長が「そんなことはありません」とはっきり否定しながら、委員会では図書館長が、あっさり事実を認めてしまいました。答弁の食い違い、正規の手続きによらず勝手に業者の名前を漏らしたことなどで、急遽、委員会が再召集され、生涯学習部長、図書館長が陳謝しました。それなのに、肝心の教育長は「陳謝の必要なし」と突っぱね、はたまた議会が紛糾しています。再開される本会議で、教育長が陳謝することで、事態を収拾しようとの動きもあるようです。

 それにしても目に余るのは、指定管理者ありきで、結果を急いだ市のやり方です。猛省して、いったん白紙に戻すことが必要なのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

西港第4埠頭の貸付用地を質問

Photo_5 Photo_3  このコンテナが第4埠頭の貸付を受けている土地を越えて、無断使用をしている証拠写真です。こうしたコンテナの無断野積みが、第4埠頭のコンテナヤード一体に広がっています。市の担当参事が目を丸くしたのは、無断使用しているだけでなく、プレハブや仮設トイレなどの構造物を勝手に作っていたことでした。これが、そのプレハブの写真です。こうした問題点を、今日の市議会建設常任委員会で追及しました。担当参事の答弁も、アップアップだったような気がします。なぜ、こんな無法なことがまかり通ったのか。それはこんなとんでもないことをやっている会社の役員が、港湾協会の会長であり、貸付用地の使用料などの集金業務を市から受託している「西港開発埠頭」という市の関連会社の社長が、この会社の社長と同一人物だからです。港湾行政全体が、この会社を中心に回っていると言っても過言でないような会社のしでかした不祥事です。

 まず、市に対して不法使用を謝罪して、誠意をもって解決すべきと申し上げなければなりません。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

なぜ特定の会社にこれほど便宜をはかる?

 旧釧路市内の下水道の終末処理場3箇所の運転は、それぞれ特定の会社がずっと委託を受けています。契約も入札ではなく、一対一の随意契約でした。今回、この契約を見直して、3年契約に変更しますが、あわせて競争入札が導入されます。当然のことです。しかし、一箇所だけは、引き続き随意契約で、特定の会社に委託すると言います。よく聞くと、この会社は以前はし尿処理の仕事をしていましたが、下水道の普及で仕事量が減ったことから、激変緩和の意味合いで、昭和62年に処理場の委託を受けたとのこと。しかし、激変緩和の名前で、20年以上も独占的な委託契約をさせるというのでしょうか。確かに、地元会社が市の仕事を受けるのは喜ばしいことです。しかし、この会社への優遇ぶりは度を越しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

ムネオさんに思う

 今日、釧路川に建設する耐震・旅客岸壁の着工式があり、行ってきました。大型建設であり、もろ手をあげて賛成と言うわけではありませんが、地震時に使える耐震岸壁は必要、過大でなければ反対しないと言うスタンスで取り組んでいます。

 ところで、来賓で国会議員がずらり。自民党の武部さん、中川義雄さん、民主党の仲野博子さん、そして新党大地のムネオさんが来ていました。国土交通副大臣ということで、松島みどり代議士も来ました。それぞれ来賓の挨拶があったのですが、やっぱりぶっ飛んでいたのはムネオさんです。武部さんがはじめて道議に当選したとき、故中川一郎氏の命令で選挙ではりついていたことや、松島副大臣が国会議員に初当選したときは、自分が自民党の選挙を仕切っていたこと(多分、総務局長だったときのことでしょうか)、当時連立を組んでいた保守党や公明党の選挙協力のため、松島氏を比例に転出させたこと、おかげで無事比例で松島氏が当選し、今や副大臣にもなれたこと。もしあのとき選挙区で出ていたら、落選してここにこれなかったかもしれないみたいなことを、とうとうと語っていました。自分の手柄話がどうしてもお好みのようです。どうなるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

一般質問はどうだったかな

  昨日で3日間の一般質問が終わり、来週月曜日からは、市議会は委員会の審査になります。私の所属する委員会は、建設委員会、上下水道、港湾、道路、河川、都市計画、住宅などが、おもな所管です。

 一番の議論は、火曜日の土木港湾部、港の審議になると思います。ガントリークレーンと第四埠頭の貸付用地の問題を、ぜひ市長に問いただしていきたいと思っています。

 ところで、私の本会議での一般質問を振り返ってみたいと思いました。

 市民税の減免制度。正直、つめる材料が不足していたような気がします。途中で実質的に減免のハードルをあげたことが、あまり炙り出されず、平行線の議論だったような気がします。ただし、減免にかかる窓口の対応や、差し押さえをちらつかせた督促などは、尋常でないとの印象は残せたのではないでしょうか。

 阿寒病院の存続問題。市長に北海道の再編案は地域の特性を盛り込んでいない点が多々ある、病院として存続させたいと、答弁させたことは大きな成果でした。父子家庭の問題でも、父子家庭にも児童扶養手当を支給すべきとの質問に、「本来は支給すべきものと考えている。国に全道市長会を通して要請していく」との答弁は、合格点は行ったかなと思っています。また、全国の父子家庭の交流事業も研究したいとの答弁は、今後の期待を持たせるものでした。

 議会が全部終わったら、また議会質問については、ホームページの方にアップするつもりですから、ぜひご覧ください。あと、家の近くにツルが来たので思わずパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

本会議で一般質問が終わった

 今日の午後1時から、本会議で私の一般質問がありました。後援会の方や、これまでの活動で知り合った方が、傍聴に来ていただけました。とくに、市民税の問題で、減免の相談を寄せてくれた方が傍聴してくれたのには感激。再質問のときには、この方のケースを例に、市の窓口対応の問題も厳しく追及しました。多少、力の入りすぎたきらいもあるのですが。

 なかなか、準備をしても、成功したといいかねるのが一般質問、今回もどうだったのかなと思いますが・・・それにしても、疲れました。一息ついで、今度は委員会審議の準備です。休む間もないなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

今日から、12月議会

 今日から、来週の金曜日まで12月議会が行われます。冒頭の市政報告で、市長は懸案だった釧路駅の整備について、鉄道高架も、駅舎橋上化も、どちらの案を採用しても巨額の整備費がかかることから、自治体財政が好転するまで、判断を先送りするという方針を明らかにしました。無駄な大型開発につながるものであり、共産党は両案ともに反対をしていましたが、先送りとはいえ、ストップをかけられたことは大きな前進です。

 合併特例債を使うことにしていましたが、決断を先送りすれば、それだけ合併特例債を使える期間は短くなります。(合併特例債を使えるのは合併後10年間だけ)財政が好転したとしても、合併特例債に代わる有利な財源が見つからないだけに、市として、実施の判断をするのはかなり大変です。この際、策送りではなく、中止を求めていきます。

 今日の一般質問には、共産党から大森昌子議員が登壇しました。いよいよ、明日が私の番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

市議会の不思議

 明日から市議会の一般質問が始まります。3日間で18人が質問する予定になっています。共産党は、議員4人とも質問する予定です。

 それにしても、疑問に思うことがあります。質問しない議員がいることも問題だなと思っているのですが、実は今回の議会、最初は20名が質問する予定でした。一般質問は、だいたい一人質問と答弁で1時間かかりますので、午前10時から5時までやるとしたら、一日6人が質問できます。通常は一般質問の日数は3日ほど予定していますので、3日間なら18人までしか質問できません。質問者が多いことは無条件にいいことと考えているのは、共産党ぐらいなこと。

 三日間の予定で一般質問が終わりそうにないとなると、「あんたの会派で一人なしにできないか」と水面下で調整、結局二人が質問しないことになって、18人に収めてしまいました。会派の中には、質問する議員を減らすために、議会質問は議会一回おきみたいになっているところもあると聞きます。もちろん、無駄な経費をかけることは論外と思いますが、議会の日程は早く終わればいいというものではないはずです。議員の一番の仕事は住民の声を議会に届けること、住民の目線で行政をチェックすること。どちらにしても、議会の質問なしには成り立ちません。

 旺盛な議論を望むものとして、喜べない現実です。共産党以外の議員を推している方だって、議員なら一生懸命議論してほしいと思っているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

ガントリークレーンは果たして採算が取れるのか

 迷走を続けたガントリークレーン。市は、延期の方針を撤回して、今年度から着工する議案を12月議会に提案しました。今日、港湾担当参事から、いろいろと聞く機会がありました。参事は、やるといったり、延期になったりと、ほとほと困っているという感じでしたが・・・

 ところで、肝心のガントリークレーンですが、どれほどの利用が見込めるのか。港湾協会は、最終的には年間コンテナ量は6万3千個、採算ラインの3万個も数年後にはクリアできるほどの荷物も集まると言っています。(このガントリークレーンさえつければ、荷物は集まるというのが、ガントリークレーン導入の唯一の理由)でも、ここで疑問がひとつ。まず、3万個で採算が取れると言いますが、根拠は全く分かりません。仮に3万個のコンテナが集まっても、一時間で30個のコンテナの積み下ろしができるガントリークレーンなら、使用時間は1000時間。時間当たりの使用料は、相場の48000円として収入は4千800万円。しかし、ガントリークレーンの維持費は年間1.5千万円から2千万円、建設費の借金払いは年間8千万円、つまり支出は年間1億円近くになります。

 あれっ、港湾協会のいう3万個が採算ラインではなく、経費面で見ると少なくとも6万個が必要な計算になります。しかも、経費はこれだけではないようです。新たにガントリークレーンを設置するとなると、外国貿易埠頭用に付随工事が必要になりますソーラス条約というのがあって、フェンスで囲む、夜間でも撮影可能の監視カメラで24時間監視体制をしかなくては、外国船の入港自体が許可されません。(現在は第4埠頭で取り扱っており、第4埠頭はすでに対応済み。しかし、ガントリークレーン設置予定の第三埠頭は、外国コンテナ取り扱いの基準を満たしていません。)その港湾整備は、2億円近くかかるといいます。

 これも経費とすれば・・・・ガントリークレーンの黒字化はかなりあやしいとの結論になるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

明後日は石炭対策特別委員会

  来週の水曜日から市議会が始まります。議案書も手元に届き、今日は一日、家に缶詰になって、議会準備についやしていました。とりあえず、第一弾が月曜日、市議会の石炭対策特別委員会があります。釧路市は日本でただひとつ、石炭を坑道掘りしている釧路炭鉱(旧太平洋炭鉱)があります。しかし、会社の規模は、太平洋炭鉱の時からは大幅に縮小、いまはベトナム、中国などからの研修生を受け入れ、その教育をしながら商業採炭を続けています。

 この委員会で今議論になっているのは二つ。ひとつは、旧太平洋グループから、釧路市は学校、児童館、消防署などの用地を借りていて、その一部を会社が釧路市に買い取ってくれと言っていること。有償で借りている土地の借用期間が長くなれば、それだけ賃借料もかさみます。少しでも、安く買い取れるかが議論の焦点です。最初は、全部無償でもらうということから始まったのですが、会社が首を縦に振らず、最終的には一部有償買い取りへと、議論が流れてきました。

 二つ目は、国と北海道、市町村、企業などが石炭採炭地域の振興のために積み立ててきた基金がありますが、これを解散を前提に取り崩すことになって、釧路市はなんに使うかという点です。市営住宅の建設、中小業者にも仕事が回るように使っていきたいと考えています。

 それと、先月、釧路炭鉱にインドからの研修生が始まりました。研修が続くことが、釧路炭鉱の存続の前提、中国、ベトナムに続いて、インドが初参加し、引き続き今後も研修したいと、コメントしたことは大きな前進です。共産党は、さまざまなチャンネルを通して、インドからの研修生を受け入れられるよう、国にもはたらきかけよと主張してきました。これが日の目を見た感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »